ゴルフ用語「ら」

『ライン出し アマチュアだって できるかな』

プロもアマもできますとも~、何ごとも挑戦、挑戦です。

テレビCMで「あなたのクラブ、ライ角合っていますか?」などというのがありましたね。

でもライ角って?

よく出てくる”ライ”とは意味が違うのかな?

ラインはとても頻繁に出てくるゴルフ用語ですが、ライとラインがひっくり返っているテレビ解説者もチラホラいますよ。

ラテラル・ウォーターハザードはルール上の重要語、ラブオブザグリーンとかラグパットも耳にしたことがあるはずですね。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

ライ(Lie)

ライ(Lie)次第ではナイスショットが打てるね

ボールが置かれた状況です。

打ちやすければライが良い、凸凹に入っていたり写真のように芝生の状態が悪ければ”ライが悪い”と判断します。

判断次第で打ち方もクラブも変わります。

英語ではLieはウソの意味もありますが、ゴルフでは”横たわる”ほうの意味です。

ゴルフは芝生といえど薄かったり深かったり、浮いていたり沈んでいたり、傾斜にかかっているかいないか、さらには芝質のことも関係してきますね。

足場の状況は別ですがそれらを総合してライは良いか悪いか判断されます。

ライについては、ボールが浮いていればそれだけで良いという判断もできません。

浮いていたためにダルマ落としもありますからね。

ライン(Line)

ショットでは”ライン出し”とか、グリーンでは”ラインを読む”などと使います。

グリーンでは転がるボールの軌跡ですが、ショットでは持ち球を計算し方向を重視したピンポイント狙いのようなケースが多くなります。

ライ角(Lie Angle)

平面にクラブのソールを合わせて置いたとき、クラブのシャフトと地面に角度がつきますがこれをライ角といいます。

ボールのライとは意味まったく違います。

ランニングアプローチ(Running approach)

ボールをピンに寄せる技のひとつで、転がしを軸にしたショットです。

初心者もベテランにも使えるシュチュエーションならおススメのアプローチです。

ヨーロピアンツアーのプロは驚く場所からでもパターでランニングアプローチを試みます。

ラブ・オブ・ザ・グリーン(Rub of the Green)

Rubは日本語で

  • 擦る
  • 揉む
  • 肌触り

などの意味。

ゴルフでいうと小さな凹凸のことです。

ルールブックに登場するラブ・オブ・ザ・グリーンとなると、これまた若干ニュアンスが変わり「動いているボールが、局外者によって方向を変えられたり止められた場合」のこととなっています。

例えば、同伴競技者(局外者)が歩いてきて転がっているボールに偶然シューズが当たったなどがそれに当たります。

スポンサーリンク

ラテラル・ウォーター・ハザード(Lateral water hazard)

ウオーターとありますが、必ずしも水があろうとなかろうと、池であろうとなかろうと赤い杭またはラインで仕切られたエリアがあります。

そこがラテラル・ウォーターハザードというルール制限のある区域です。

ルール的なことなどは当サイト『ごるP・ゴルフアカデミー』のハザード・池編をご覧ください。

このページでは、ゴルフコースにおける池の解説、ウォーターハザードに関する全ての解説の記事をまとめています。 ゴルフというゲームの奥深さは年令や性別のハードルを超えたところにあります。 ...

詳しくわかりやすく解説しています。

ラグパット(Lag-Put)

よく見る光景で、3パットしないようにシビレてちびったようなパッティングはこういわれます。

からかう、冷やかしのジョークで、大抵ショートしたりして「チキンだ」などと自嘲します。

ライフルシャフト(Rifle Shaft)

一般的に、クラブのシャフト部にはステップ(竹の節のような凹凸)がありますが、スティール製にはそれがありません。

ライフル銃の銃身のようだと「ライフル」の商品名で出回りましたがいまはどこでも使われている言葉です。

比較的上級者用のシャフトです。

ライダーカップ(Ryder Cup)

世界の2大ツアーというとアメリカツアーと欧州ツアーです。

そのなかから特に選出された選手同士が2年に一度ずつ、マッチプレーの団体戦でガチンコ勝負する、ゴルフ界のビッグイベントというかお祭りです。

歴史は古く1927年、イングランドのゴルフ愛好家で大富豪のサミュエル・ライダーが提唱して始まりました。

その当時はアメリカとイギリスで、アメリカは英国を強く意識していた時代でした。

ゴルフの団体戦の面白さ、ゴルフの迫力、マッチプレーという格闘技のような展開は全く極限的な面白さに包まれ、世界中で数億のファンがテレビに釘付けになるといわれています。

スポンサーリンク