ゴルフ用語「う」

『ウェッジが 手投げのように 使えたら』

片山晋呉プロはアプローチの前に、ソフトボールのピッチャーのような下手投げの仕草でイメージを出します。

バンカーが苦手な方におまじないを。

打つ前にこの言葉を思い出すだけですっごくリラックスできます。

「バンカーショットはやさしいショットだ。なぜならボールを打たなくていいのだから」というジャックバーグの名言ですね。

たしかにね、サンドウェッジのバウンスで砂を弾くだけでボールに接しない、言われてみればなるほど奇妙なショットです。

それもウェッジのバウンスがあればこその話です。

ウェッジというのはどんなクラブのこと?

ロフトとかどんな種類があるの?ウェッジとアイアンはまた別なのかしらん?

などなど、よく使う”ウェッジ”というゴルフ用語も詳しくはわからないときがありますね。

スポンサーリンク

ウィークグリップ(Weak grip)

ウィークグリップ(Weak grip)はベン・ホーガンのお気に入り

クラブの握り(グリップ)方のいくつかあるタイプのひとつ。

ウイークは弱いという意味で使っています。

(右利きの場合)右手の親指と人差し指で作るVの字が、アゴから左肩方向を指す形になります。

どちらかというとフェードやスライスのボールになる傾向があり、プロがインテンショナル(「い」の項参照)でスライスをかける時やショートゲームなどでは多用されます。

今の時代でもプロたちの間で読まれている『モダン・ゴルフ(日本語訳)』の著者ベン・ホーガンはウィーク・グリップでした。

彼は最初のころひどいフックに悩まされたのでその影響もあります。

最近はロー・スピンボールが主流なので、ストロング系のグリップが流行っています。

ウエッジ(Wedge)

ウエッジ(Wedge)は多種多様

カテゴリーはアイアンですが、アプローチ・ショットなどグリーンに近いときに使用するクラブの総称です。

すべてロフト(シャフトとフェースの傾斜角)の大きいものばかりで、

  • 60~65度もあるロブウェッジ(エルウェッジ)
  • バンカーでも使われるサンドウェッジ
  • ギャップウェッジ(アプローチウェッジ)
  • 47~49度クラスのピッチングウェッジ

などがあります。

クラブを購入するときは、これらのウェッジ類はアイアンセットに入っていないか、あってもピッチングウェッジ(PW)だけという組み合わせもあります。

それだけウェッジは重要で、種類もロフトもバウンスもたくさんあり、もっとも使いやすい、手になじむウェッジを選ぶことができます。

ウェイトシフト(Weight shift)

ゴルフのスイングには基本があります。

(右利きの場合)バックスイングで右寄りの太ももの内側や股関節に体重を乗せ、インパクト以後(ダウンスイング)は反対にその対照的な場所に重心を持っていくイメージが主流です。

このような「体重移動」をウエイトシフトと呼んでいます。

ウィンタールール(Winter rules)

冬季や雨期など、季節限定で決めるローカルルールのひとつです。

主に芝生の状況が悪くてコースの地表面が荒れているとき、フェアウェイは6インチ・プレースOKとか、ボールをピックアップして拭いても良いなどなどの救済措置をとりますが、そのその日その時限りの特別なルールです。

ルールブックにはプリファード・ライ(preferred lies)と書かれ足りします。

英語では “Lift and clean” とも言います。

逆にノータッチでプレーするときは「サマールール」という場合もあります。

スポンサーリンク

ウォーターハザード(Water hazard)

「ウォーター」と書いてあるので、必ず水がある場所と勘違いしている方もおいでですがちょっと違います。

これはコース内で黄色杭(または線)、あるいは赤杭(または線)で区切られたエリアです。

区域の指定なので水があってもなくても関係ありません。

赤杭(または線)で示されたエリアはラテラル・ウォーターハザードと呼ばれ、ルール上は黄色のウォーターハザードよりやや救済の種類が多く柔軟な対処ができます。

※ウォーターハザードのページ参照

ウェスト エリア(Waste area)

写真のように、どう見ても”荒地”としか見えないエリアで、芝生もなく一見バンカーのような区域を”ウェスト・エリア”に指定してプレーさせる試合があります。

一種のローカルルールで、この指定のある場所には修理地のような救済がありません。

ひたすらあるがままのプレーが続きます。(アンプレアブルはあります)

通常はこのウェスト・エリアやウェスト・バンカーはクラブをソールすることが許されています。

Wasteは野球のピッチャーが敬遠とか、わざと外す投球のことをウェストボールなどといいますから、そちらの知識のある方はすぐに想像がつくかもしれません。

ウェストは無駄とか不毛だ、みたいな意味です。

ウェブ・ドットコム・ツアー(Web.com Tour)

ウェブ・ドットコム・ツアー(Web.com Tour)は若手の夢をのせ

アメリカ男子PGAツアーの下部組織です。

二次的なツアーで正規のPGAレギュラーツアーのシード権を争います。

それでも日本のツアーの賞金額の5~10倍にもなるトーナメントを、年間25~33試合組み込んでいます。

石川遼プロや松山英樹プロは実質的な経験がありません。

ウッド(Wood)

ウッド(木)とはいっても、ステンレスやチタンなどのメタル製、あるいは、カーボンファイバーとメタルの複合タイプが世に出てからは、かつての「ウッド(木製)クラブ」は消滅しました。

それまではクラブヘッドといえば木(パーシモンなど)が当たり前でした。

現在のようにメタル製になっても、ヘッドの形が似たものはすべて「ウッド」という呼称だけが残っています。

ウッドクラブは1番から13番くらいまであり、2番がブラッシー、3番はスプーンなど一桁台は全部ニックネームがあります。

1番ウッドはドライバーといい、2番以降はまとめてFW(フェアウエイウッド)と呼ぶこともあります。

スポンサーリンク