ゴルフ用語「M」「N」「O」

M~N~O

OBはツーペナルティとは数えないで、ワンペナですよ。

ミッキーマウスは悪口にもなるの?

ワンペナとかツーペナなんて、ラウンドごとに必ず出てくるゴルフ用語ですね。

「グッショ~~!!・・・なんだけど・・・風に吹かれてワンペナ行きだね」

ボールは流されて黄色と黒のまだらに塗り分けられた杭の向こうへ消えました。

マジでワンペナになったようです。

などという経験はどなたでもお持ちでしょう。

黄色と黒の塗り分け杭は最近あまり見ないワンペナ杭ですが、入れた当人は悔しまぎれに「ここはミッキーマウスコースだ」などといいました。

さぁ、そんな”ワンペナ”も”ミッキーマウス”も、ゴルフを楽しくさせる言葉のエッセンス、このページでつかえるように覚えてしまいましょう。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

One penalty

ティーショットがOB!

まぁまぁ、打ってしまったのですから仕方ありません。

次は3打目で打ち直します。

初心者の方がしばしば勘違いするのが、ティーショットのOBを打った時の打数のカウント規則ですね。

OBはなんでも2打罰(ツーペナ)だと思い込んでいる方がいますが、そうなると実際に打った打数を加えると次が4打目ということになってしまいます。

ワンペナではないツーペナだと思い込んでいても、次は3打目という点で一致しますからなかなか正しいワンペナの規則を覚えられないようです。

また、色んなサイトを見ていると堂々と<OBは2打罰>と書かれていて混乱に拍車がかかっています。

これはいかがなものでしょうか。

ままま、とまれ、OBはワンペナで次が3打目としてショットを打ち直す、というのが正しいルールです。

Member’s Bounce

アララ~、Member’s Bounce、さすがは地主だね

メンバーはそのコースのメンバー(会員)のことです。

ゲスト(メンバー以外)の方とペアリング(組み合わせ)になった時、メンバーといわずに「地主」などと気の利いたジョークを使います。

そのメンバーさんがミスショット、なんだかややこしいほうへ飛んで行きました。

その先にはOBがありますよ~、と見ていたら何かに当たってフェアウエイに具合よく出てきました。

こんな時に「メンバース・バウンス」といいます。

日本人が時折発する「ナイスキック」という和製英語(=日本語)と似たようなものですね。

Mickey Mouse Course

このコースはMickey Mouse Courseだね

よほどスコアが良くないのか、ご機嫌ナナメでゴルフコースの悪口を言っていますね。

ここはミッキーマウス(子供だまし)の遊び場だというニュアンスが込められていて、コースの評価が低いという意味になります。

スポンサーリンク

Nice Putt, Alice!

Nice Putt, Alice!は冷やかし文句

気心の知れた仲間内のジョークに「ナイスパット・アリス!」があります。

そんなに遠い距離でもなかったワリに、次のカップまでの距離をずいぶん残してしまったミスパットはその瞬間にこんな冗談が飛んできます。

アリスはテレビのアニメやドラマによく登場する女の子の名前です。

日本でいえばなんでしょうね、とにかくありふれた名前です。

ここから来たかどうかはわかりませんが、「男の子じゃないね~」とか「ちょっとお嬢さんかな?」みたいな”弱気”をからかっているジョークです。

握り(賭け)をしていると結構相手には応える言葉なのかもしれませんね。

女性に言ってもジョークにはならず、返って差別的になったりするのでやめておきましょう。

ocean liner

長いね~、ocean linerだね~

長いパッティングの構えに入る前にひとことジョークを。

20〜30メートルもあったら、オーシャンライナー(首都圏の通勤快速電車)の比喩的な言い方。

東京周辺なら「湘南ライナー」とか成田エクスプレスになるかも。

Over the top

ちょっとスイングがOver the topになり過ぎていたかなぁ?

テイクバックがアウトサイド(例えばトップが頭の上にくる)に出過ぎているため、アウトサイドイン軌道のプレーンになります。

スライスもするしヒッカケもでる、あまり良いショットになりにくい、おススメできないスイングの典型です。

スポンサーリンク