ゴルフ用語「ひ」

『閃いた 飛距離アップの 新打法』

夜中に寝ようとしていても、パッと打ち方の「極意」が閃くことは誰でもあります。

ヒールって悪役?ゴルフのヒールってなんでしょう。

ゴルフの「ピン」は旗竿とかホールの代名詞的に使われますが、針先でもないのになぜピンなのかしらん。

ピンとは何ぞや?意味が知りたいですね。

この間のテレビ中継で「ピンハイ」って言っていたけれど、あの意味が解りません。

などなど、ゴルフ用語は日本語が少ないし和製英語もたくさん混じっていますから、ゴルフを始めたばかりの方はピンとこないことばかり、どうしても混乱しますよね。

100切り前に正しい知識を身につけたいものです。

それはルールの解釈が修正され正確になってスコアに直結します。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

ピン(pin)

英語のPinには突き刺すという意味があるので、そこからカップに突き刺した旗竿となったのでしょう。

また用語のケースバイケースでは旗竿のスティック(棒)の部分だけを指すことがあります。

ピンポジという和製英語もありますが、これはグリーン全体のピン(カップ)位置のことです。

ピンポジションです。

ピンパター(Ping putter)というアメリカでは老舗のゴルフ関連メーカーもあります。

パターはとくに有名で、昔のピン・アンサーは傑作のひとつに挙げられます。

ピンタイプというとグースネックタイプのキャストアイアン・ヘッドで、バランスのとれたデザインは今も多くのメーカーが製作しています。

ピン・ハイ(Pin high)

このワードはよく勘違いされます。

ハイは高さではありません。

ゴルフでピンハイといえば、打ったショットがピン(カップ)までの距離があっていた(左右に少しブレだけ)ことを意味します。

写真の白い帯状のエリアにボールが止まった時にピンハイといいます。

ヒール(Heel)

これはそのまんまカカト(踵)という意味で、クラブヘッドのシャフトの付け根に近い部分を示しています。

ヒール ボール(Heel ball)はその部分に当たった打球です。

当たり損ねです。

ピッチングウェッジ(Pitching wedge)

ウェッジの中でも最もロフトが立っていて「P(PW)」という刻印があるクラブ。

ロフトはルールの決まりはないのですがおよそ47度~49度位が一般的です。

100~130ヤード前後残るとときのアプローチ・ショットの定番。

ピッチングサンド(Pitching Sand)

前述のピッチングウェッジとサンドウェッジの中間のロフトはこう呼ばれます。

やはりロフトの決まりはありません。

2種類のクラブの間なので、ギャップウェッジともいわれます。

これは和製英語で、名付けはわかりませんが国内ではジャンボ尾崎プロが最初に口にして先駆的な使用者でした。

このクラブの刻印はPSだったりAS,、AWなどメーカーによって様々です。

スポンサーリンク

ピッチマーク(Pitch mark)

ピッチマークもボールマークも同じ意味です。

ピッチマークはグリーンについたボールの落下痕で、最低でも自分の作ったピッチマークは自分で直さなければいけません。

修復にはグリーンフォーク(写真、またはティーペグ)が必要です。

サッカーではフィールドをピッチともいいます。

ゴルフのピッチは主にグリーンを指すことが大半でフェアウエイやラフはあまりこういいません。

ピッチショット(Pitch shot)

ピッチは今も出ましたが、アプローチショットのひとつでボールを上にあげて打つショットです。

ピッチエンドランも似ていますが、ピッチショットのほうがボールの落下位置がピンにぐっと近くなります。

ビジター(Visitor)

ビジターの対語はメンバーです。

そのゴルフコースの会員はメンバー、会員以外がビジターです。

ビジターはやや古い言い方で、最近はゲストのほうが多いかもしれません。

PGA(Professional Golfers Association)

各国にあるプロゴルフ協会です。

日本には”JPGA”と”JGTO”の二つがあり、アメリカのプロゴルフ協会は”PGA of America””で、一般にはUSPGAとして分類表記します。

スポンサーリンク