ゴルフ用語「G」「H」

G~H

いろいろお茶目で面白いゴルフ用語を使ったおしゃべりはいいですね。

プレーも会話もめちゃ楽しい!

楽しいゴルフに愉快な会話、センスの良い用語がチラッと入るだけで雰囲気もガラッと変わりインテリジェンス溢れるラウンドになるでしょう。

ゴルフがなぜ誰とでも楽しく遊べるかといえば、そこには基本的に趣味も同じマナーの良い方ばかりだからという理由以外に、ハンディキャップ(HDCP)という存在があるかもしれません。

HDCPは計算の方法に決まりがないので、自由につけることができます。

プライベートなら常日頃のスコアをベースに、競技にでるならJGAがHDCPの国内公認証明(オフィシャルハンデ)を出してくれます。

さぁ、そのHDCPも含め、今回も英語「G~H」のゴルフ大辞典です。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

G.I.R

G.I.Rはガールとシャレようかな

Green In Regulationの略語で「パーオン」の意味。

パー4を2オンすれば「規定打数のパーオン(greens in regulation)」といいます。

この数字を見ていると、アプローチとパッティングがいかに大事かが見えてきます。

外国人はGIRの発音をもじって「ガール」というスラングをしばしば口にします。

彼らは言葉遊びを楽しむのが上手です。

Gateway

日本語でいう花道のこと。

Go to school

○○さんのパットでGo to schoolだね

同じグリーンで似たようなラインを先に打ってもらったりしたときに、そのラインを見て学んだ(参考にする)といいます。

その学習を生かすことを「ゴー・トゥー・スクール」などとシャレていますが、海外ではごく日常的な言い方です。

Grain

Grainを読め

グレインと読み、「芝目」のことです。

他にもゴルフクラブの製造過程には、「グレイン・フローフォージド製法」とかの用語も使われます。

Golf widow

筆者がゴルフを習いたての頃は皆さん口にしていました。

ゴルフウイドウはゴルフにばかり夢中になる旦那を持った妻のこと。

ゴルフもいいけれど、家庭もね。

Hand-eye coordination

Hand-eye coordinationがゴルフのポイント

そのまま訳すと「手と眼の調整」です。

ゴルフは眼で見て判断しその情報で手の動きを対応させるところがあります。

それでこの大事なポイントをハンド-アイ、コーディネートという言葉ししています。

やはりゴルフはフォームの良い悪いということもありますが、状況に合わせる能力も求められます。

スポンサーリンク

Hacker

(謙遜して)私はHackerです

自己紹介などで出てくるフレースですね。

「私はハッカー(下手なゴルファー)なのですが、今日一日よろしく~みたいな使い方で大丈夫です。

他にも謙遜するときに「アベレージ・ゴルファーです」と、ごくありふれたゴルファーなのだという言葉もアリでしょう。

heeler

ウワ~、今のはheelerだね、飛ばないよ~

クラブのヒールに近いところで打つと鈍い感触で距離は出ません。

そのショットをヒーラーといいます。

HDCP

ゴルフはHDCPを生かさないとね

ゴルフゲームの競い合いで、最初に技量に合わせた数字を個々人に与えておき、最後の集計でその数値を減算しますが、その引き算に使う数字そのものをハンディキャップ(handicap =略してHDCP)といいます。

実際の打数(グロス=Gross)が多くても、少ない人に勝つ可能性があり、それだけゴルフがスリリングで腕前の違いや性別とか年齢差がどこかに消え去るという不思議な数字です。

そのグロスからHDCPの数字を差し引いたものがネット(正味=Net)です。

世界中の様々なメンバーが一緒にプレーできるのもHDCPのおかげといえます。

ハンディキャップに関しては、スルーザグリーン編でも詳しい解説があります。

Hit it fat

Hit it fatじゃ飛ばないよね

ヒッティット・ファットは俗にいうダフリ、すくい打ちのことです。

ザックリとも表現され、ボールにフェースが向かず芝生面に直接クラブフェースのリーディンエッジが刺さるようなショットです。

chubby(チャビー)と言った人に出会ったことがあり、同じ意味でつかえるようです。

スポンサーリンク