【2】ゴルフのスイングの基本(基礎)についてのまとめ

このページは、ゴルフのスイングの基本的なことについてのまとめページです。

ゴルフはミスのゲームです。

おそらく、ミスしないゴルファーは世界にいないでしょう。

世界の一流プロも始めたばかりのビギナーもその点では同じです。

ではなぜスコアに差が出るのでしょうか?

その答えはミスの幅の違いです。

ミスはミスでも、ミスの程度の差がうまい下手の差だといえます。

逆にいうとミスの幅を小さくすることでどんどん上手くなるということになります。

スイングでミスしたとしても「ウエルカム・ミス、次回はバッチリ直しちゃうよ~」、これでいいんです。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

ゴルフはミスするからうまくなる
~スイングの基礎を学ぼう~

始めたころは人まね見まねで良いかもしれません。

でも、すこしボールが飛ばせるようになったら、少しづつミスの程度を良くしてショットの精度を上げましょう。

今打ったボールがなぜ右に曲がってしまったのか?

それを分析して改善するのが「知識や経験」です。

ゴルフのスイングは、一定の知識さえあれば自分のイメージに近いボールが打てるようになります。

うまくなればなるほど分析のレベルが上がり精度の高いボールになります。

ミスこそ上達の原動力、ただ嘆くではなくミスと上手くつき合いましょう。

バブル期のゴルフから時代が過ぎて

基礎といえばなにもゴルフに限った話ではありませんね。

建造物も学問も人生も、すべてに基礎があります。

かつてバブルの時代、ものすごい数の初心者がコースに溢れた時代がありました。

前の日に買い込んだばかりのクラブセットの包装を、朝のティーグラウンドで直前に解いてプレーを始めた方がたくさんいたという良き時代でした。

用意する暇がなかったのはマナーやルールだけではなく、スイングの基本知識も練習量も不足していました。

腕前の伸びしろは時間の問題でストップします。

結局先ほどの解説通り、人まね見まねだけだったからですね。

多くの方は、スイングの技術も、本当のゴルフの魅力を知る寸前でコースから離れることになります。

ミスした分だけうまくなれる

時は立ち、様々な理由があるにせよゴルフ人口は減少しています。

コースも経営に必死です。

コースのサバイバル時代といわれ、生き残りをかけた競争が始まりました。

この現状は、これからゴルフを始めたい方にとって大きなチャンスが訪れたということです。

時を経て大昔のお金持ちの遊びは大衆化したのです。

いま必要な知識を必要なだけ蓄えれば、やればやるほど上達すること間違いありません。

100切りどころか、伸びしろはいくらでもあります。

『ゴルフは楽しく真剣に』、スイングでミスしてもその理屈を知ることがあなたの専属コーチになります。

たくさんゴルフのスイングの基礎、基本を学んで芝生の上に飛びだしましょう!

スポンサーリンク

ゴルフスイングについてのおすすめ記事一覧

スイングとストロークの違いってナニ? それって空振り?それとも素振り? スイングが良ければスコアは後からついてくる。 ゴルフには野球やサッカーのような「得失点差」があ...
『ゴルフは、簡単そうなたったふたつが最も難しい。それは「力を抜け」と「ゆっくり振れ」だ』(ヘンリー・コットン) イギリス人。全英オープン優勝3回、18冊もの著書があり、晩年はスペインに移...
『結果で考える人の上達は遅い。原因で考える人の上達は早い』ベン・ホーガン ゴルフのスイングとボールコントロールについては、ほぼほぼ科学的に解明され理論として解説されています。 ...
あなたはボールに向かってスタンスをとった時、どの点をチェックしていますか? ボールを怖がっていませんか?ミスを怖れていませんか?アドレスから余分な力を使っていませんか? 『ゴルフは...
グリップにはそのプレーヤーのレベルやクセが集約されています。 グリップを見れば腕前までわかるといっても言い過ぎになりません。 なぜそういう握り方になったのか、握る強さはどうなのか、考え方や...
なかなか上達しないので診てくださいという方のスイングは、あらかた振るたびに軌道(プレーン)とスイングスピードとフィニッシュがバラバラになっています。 写真のような自分に合ったグリップとス...
100切り前のアマチュアの方は手首の使い方を研究すると効果があります。 手首の使い方はとても大事です。 こう書くと難しそうですが、実は使い方というのはすべて「自然に」が正解で、意図的に...
ボールを飛ばしたい、それは右腕左腕の使い方次第!? アメリカのドラコンマニアの言葉、「目いっぱい叩くだけじゃ飛ばないさ」(写真はそのティーの高さ) やさしそうに見えて実際にやってみ...
このページは、スイング時の右脇と左脇の関係性について解説しています。 100切り挑戦中の皆さんや初心者の皆さ~ん、ゴルフ、楽しんでいますか! 『ゴルフの練習には4種類ある。まず、賢明な練習...
ゴルフ効率の良い「捻転」の仕方ひとつ覚えると急にうまくなります。 捻転は飛距離と方向性に大きく関わっています。 ゴルフにおいてサッカーや野球の”走る”や”投げる”は、立ち止まっての...
現代はプロのスイングがいつでも動画で見られる時代です。 確実に初心者の方の上達ペースは上がっています。 自宅でも電車の中でも場所を選ばずに見られるなんてすごいことです。 ...
「クラブが非常に重たいので体全体を使わないと振れません」 「練習中の素振りに最適。グリップが正しいかどうかチェックできる」 「切り返しの「間」がなんとなく掴めた」 ...
「45~46は出したいよね」と話しているのでスコアのことかと? 90の壁に当たっている100切り卒業者かな?と思ったらヘッドスピードの話でした。 『基本を学ばず、スコアばか...
初心者の方がゴルフを覚え、まず最初にやりたいことのひとつに”ドライバーを飛ばしたい”ということがあります。 ゴルフで飛距離というものは大きなアドバンテージです。 どうしても200ヤード...
ゴルフというゲームは、初心者の方が想像する以上に「道具」が大きな意味を持ちます。 基本的にウッドクラブとかアイアンクラブと分類することは、初心者にとってわかりにくいかもしれませんね。 ...
ゴルフのスイングは、まだこれからゴルフをはじめようという方から見ると、意外と簡単そうに見えます。 夏祭りの盆踊りに行って、人の踊るフリを真似れば誰もできそうです。 実はゴルフの...
ゴルフって楽しいですね。 ゴルフはレッスン書のアドバイスを読み、うまい人のスイングを見て、自分で自分のスイングを考え工夫し分析しながら歩んでいくと、時間は掛かっても確実にうまくなります。 ...
ゴルフコースに出て、自分が練習してきた納得のボールが打てた時、遠くに飛んでいくボールがいとおしくさえ思えますね。 背中のほうから聞こえる「ナイスショット~!」のコーラスが喜びを倍増させます。...
まだゴルフをはじめて間もない方にとっては、ゴルフ用語がとても新鮮に聞こえます。 日常で使っていてもゴルフ界ではちょっと違う、独特の意味がありますからね。 今回テーマにした「体重移動」、...
フッカフカの芝生を踏むと、靴底からその芝生自体の反発を感じることがあります。 ゴルフコースはまさに自然の絨毯です。あの感触はたまりませんね。 ゴルフコースは芝生なので人工芝やベ...
以前のページでちょっとだけ触れましたが、ゴルフって音楽や舞踊に通じるところがたくさんあります。 例えば音楽、スイングのテンポはまさにスイングのツボです。 これが人によって早すぎたり一定...
ゴルフ楽しんでますか~!全く思うようにいきませんね~、ゴルフって。 でも、だからこそ興味が尽きないのでしょうね。 人間の意欲とは、誰がやっても3日でできる、そこで行き止まり…、では刺激...

スポンサーリンク