初心者のスライス改善は練習の積み重ねが大事!

syosinsya-suraisu-kaizen-rensyuu1

さぁ、ここまででスライスの改善できそうな自信がつきましたか?

練習ではだいぶ感覚的にもイメージ的にもスライス改善の勢いがついたことでしょう。

さて、いざコースで実践ということになると緊張感から意外と思いプレッシャーがあるものです。

やはり練習場のように囲まれた空間ではなく、広々と360度のパノラマでは気持ちもボ~とするのも仕方ないことです。

その上実際のコースには鳥かごにはない池やらバンカーやら白い杭などがありますからね、シビレルのも無理はありません。

すこしコースに即したスライス改善のアドバイスをご案内します。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

スライス関係なく方向はスパッツを見て

suraisu-hukku-matome
ティーインググラウンドで大事なことはいくつかあります。

箇条書きで解説します。

①ティーマークに騙されないで。

ティーインググラウンドのティーマークの方向がすべてまっすぐにできているわけではありません。

筆者も初心者のころそのことに気づくまで時間がかかったものでした。

まずティーを立てたら後方に下がってフェアウェイのほうを眺めてみましょう。

ティーマークに惑わされないで方向を掴んだら、自分のボールの位置とその少し先にある目印(スパッツ)を見つけます。

目印は枯葉でも色の変わった芝生でも何でも構いません。

スライスのクセが身に沁みついている人は、無意識的に右から逃げようとして左方向を向く傾向があります。

これはスライス促進剤を飲むようなものです。やめておきましょう。

先ほどのスパッツにキッチリスタンスを合わせます。

スポンサーリンク

基本は基本、スライスは逃げたらダメ

②左に体を開かないこと

以前のページで解説したように、スライスを打つクセのある方は、スタンスも両肩の線も右から逃げたがり体ごと左に開く様子がうかがえます。

まさにゴルフは心が形になって現れるわけですね。

さらに、左に行かせたくないという思いはボールの位置を右にしたり左へ追いやったりしますが、本来の基本通りでインサイドインのスイングを練習した通り打てばいいのです。

今書いた3点は、逆にスライスを打とうとする(インテンショナル)な構えです。

ここにゴルフの逆説的な所作が現れます。

右を嫌うと右に行くということです。

ライ角チェックも必要です

syosinsya-suraisu-kaizen-rensyuu2

中級者の方でも意外とチェックしないことにライ角があります。

じつは練習でも本番でもこの確認はスライスの改善になります。

アドレスはインパクトの形ですと解説しています。

正しい立ち方の基本は(ほとんどのクラブ・例外的な傾斜地以外)両肩をターゲットラインに据えたら両腕を垂直に下げるのが理想形です。

そして持っているクラブをソール(地面に置いた状態)してみてクラブの底がほぼほぼ水平になっているか、ややトウ側が浮く状況が最大の打撃効率が出せる形です。

この時の両腕は若干の余裕を持たせ、ギシギシに突っ張ってはクラブを振れなくなります。

また逆に下半身を使い過ぎてグニャグニャするとクラブが外から降りてきやすくなります。

このタイプにとって、フックは(いろいろな要因がありますが)、ひとつに下半身の動きが止まった時に左に曲がる、あるいは引っ掻けることが多いということもヒントになるかもしれません。

スポンサーリンク