初心者がドライバーで打つ時はスライスとの闘い

suraisutonotatakai3

ゴルフクラブの代表格は「ドライバー」です。この「ドライバー」は初心者にとってどう向き合えばいいのでしょうか。

これからゴルフを始めようという方にとって「ドライバーとは?」も知りたいところです。

またこのクラブに対する考え方もベテランのそれとすこし感覚的、使い方に差はあるのでしょうか。ドライバーとスライスの関連も知りたいですね。

これからゴルフをはじめようという方のイメージでは、ゴルフ場で最初に振るクラブという印象しかないかもしれませんが、スコアに対する役割も大きいのですよ。

ではそのドライバーの役割と打ち方やスライスの関連など解説しましょう。

ドライバーが主役です

suraisu-hukku-matome
ゴルフコースは18ホールでワンラウンドというセットになります。

18ホールには(例外を除いて)パー3ホールが4つ用意されています。

やや横道ですが、ホールをコースというのは誤りです。

まったく別な意味になってしまいます。

さて、残りの14ホールはほぼほぼ1打ではグリーンに届かない距離を持っているのが普通です。

そうなると距離の出るクラブで第一打を打ちたいと考えます。

その役割を担って颯爽と舞台に登場するのがドライバーというわけです。

suraisutonotatakai1

ドライバーにスライスはつきもの

いま出てきた舞台のことを”ティーイング グラウンド”と呼びます。

通常、ティーグラウンドと省略します。

ティーマークという二つの目印とその後方2クラブレングス以内がティーを立てられる規則になっています。

あなたは14本(以内)のクラブを用意したと思いますが、その中で2番目にロフト(シャフトとフェース面の角度)が小さいクラブです。

フェースが切り立っている分、通常であれば一番飛ばせる飛距離を秘めています。(一番ロフトが直角に近いのがパターです)

飛距離という得意技を持っていますが、その反面ロフトがない分難しくもあり曲がったら大変というリスクが伴います。

そのリスクの代表格がスライスかもしれません。

スポンサーリンク

ドライバーは積極的に使いましょう

ベテランのゴルファーで、第一打にドライバーを使わない方もチラホラいますが、その理由はいくつかあります。

比較的多いのはドライバーが苦手である方。どうしてもスライスなどを気にして使い切れないケース。

初心者時代からスライスに悩み、とうとう直すことができなかったのであきらめた方。

上級者で短いホールでは”刻む”、つまり第1打目の距離を求めないで2打目以降でコースを攻めるという技量のある方などなど様々です。

※このコース攻略ルートやクラブ選択の工夫などは「コースマネージメント」といいます。別なページで解説しましょう。

いずれにせよ、初心者時代はそこまで考えず、ひたすらフェースの芯に当てることに専念しましょう。

ドライバーはやさしいクラブです

suraisutonotatakai2

スライスを嫌ってドライバーを持たないのは実にもったいないことです。

ドライバーは使えるように努力しないと、ご本人の伸びしろを制限することにもなります。

何度も出てきますが、ゴルフは考え方がショットに影響する面白いスポーツです。

「考え方」など外から見えないのに打ったボールの球筋が変わるなんて不思議ですね。

ドライバーの考え方としては、ティーアップして打てるのですから一番簡単なクラブだと考えましょう。

そして

  • ヘッドが大きいだけ空振りもない
  • スイートスポットも大きんだ

という気持ちで向かうとあ~ら不思議、たったそれだけでスライスも減ってくるからおかしなものです。

スライスの直し方、矯正する練習は前のページにも書かれています。

この後もドライバーの解説が少し続きます。

スポンサーリンク