スライスしない打ち方とグリップについて

ゴルフの基本はグリップ、アドレス(スタンス)、切り返し、ヘッドアップなどいくつかあります。

ゴルフの打ち方で興味深いのは、ほんの些細なことで大きな変化が出るというところです。

例えばボールの位置ひとつを例にしても、ボール一個だけ右や左に移動させるとまるで違う飛び方になることなど、もしかしてあなたも練習場で経験されているかもしれませんね。

さらに面白いのは、ミスショットをただ嘆くだけではなく、”こう打ったらあのようなボールが出た”とよく記憶したりメモしたりすることは意味があります。

やがてあなたが上達した時、そのミスショットがトラブルを切り抜ける助けになるかもしれません。

とはいうものの、初心者が必ず受ける洗礼に「スライス」があります。

前述のようにグリップをはじめ、打ち方ひとつで激変するのが面白いゴルフ、そのあたりの解説です。

スライスはウイークグリップで出やすくなります

suraisu-hukku-matome
スライスはその打ち方で千差万別ではあり一概に言えませんが、長く統計をとると大別されてくるものです。

スイング自体の打ち方とか体の使い方に原因があることは間違いありません。

その延長線上にグリップがあり、ウイークだとスライスが出やすいのです。

suraisu-utiakata-gurippu1

ウイークグリップとは握った時に左手の親指と人差し指が作るVの字が、アゴとか左肩を向くようなグリップをいいます。

初心者の方にグリップを変えるよう指導すると非常に違和感を感じ、いつの間にか元に戻ってまたまたスライスのオンパレードというケースは多々あります。

ここは思い切ってグリップを変えてみましょう。

グリップからくる体の悪癖

グリップは基本の基本なのですが、中級者の方でも意外と気づかないで過ごしてしまう、あるいは握り方そのものを軽視する方もいます。

グリップが悪い人は、アドレスで一応クラブフェースをターゲットに向けている…、ように見えますが、それはスタンスの時だけ手首(コック)を曲げるようにして「合わせている」だけのケースが非常に多くあります。

アドレスはインパクトの形です。

やはり開いて構えるとスライスになることを知っているだけに、一時的な「合わせ」はするのですがそれは根本的な解決になっていませんね。

スポンサーリンク

あぁ、グリップの勘違いに気づかないまま…

よく似たことがありました。

スライスを嫌うあまりあまりにもフェースを被せてアドレスする方もいます。

クラブフェースは構造的にフックフェース全盛期の感があり、自然にやや左を向いて製作されています。

でもそのクラブフェースをもっともっと左に向けようと被せる気持ちはわからないでもありません。

やはり右がイヤなんですね。

問題はそのあと、前述のようにテイクバックが始まりダウンスイングからインパクトの時は元のオープンフェースになっています。

仮に開かなければヒッカケとなります。

これでは最初のアドレスは気休めになってしまい期待した効果はありません。

まずは打ち方のチェックから

suraisu-utiakata-gurippu2

まずは自分のアドレスの時のチェックをしてみてください。

グリップもそうですが、両肩が開く打ち方のミスをしている人、そしてそのことをほとんど気づいていない方がたくさんいます。

おそらく、肩が開いていることに気づかないから自分は正しく振っている、アウトサイドインなどではないと考えているのでしょう。

そもそも体全体が飛球線に対して開いているのですから、どうしてもスイングプレーンはアウトサイドインになっていると気づくべきです。

スポンサーリンク