治らないゴルフのスライス…でも対策し克服できます!

suraisu-taisaku-kokuhuku3

スライスは出始めると続きます。そしてスライスという厄介者は、飛ぶ人でも飛ばない人でも出ますし、実は初心者だけでなくてプロも出るのです。

ただ、プロはその傷の程度が軽いか、意図的に曲げているかという点で初心者と異なるわけです。

スライスはアイアンでは出ないのにドライバーを使うと出るんですという方、何年やってもこのスライス病から抜け出せないという方もいます。

スライスの克服と対策の解説です。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

フェースが開かないスライスはない

suraisu-hukku-matome
わかりやすい話、フェースが閉じ気味でもスライスは絶対出ないとも言い切れませんが、圧倒的多数はフェースが開いているからスライスになります。

写真のようにアドレスでもインパクトでも、このような開きがあるのがスライスの原因で、直すにはまずチェックしましょう。

suraisu-taisaku-kokuhuku1

では開かないでインパクトすることが治療の早道ということになります。

手首の部分だけピックアップして解説します。

①グリップは大丈夫?

左手のグリップはアドレスの時に真上から見て、左手の指が隠れて見えないくらいがいいでしょう。

強いスライサーならもう少し右にかぶせても大丈夫です。

ナックル(手のこぶ)が3~4個見えても大丈夫です。

右手は親指、人差し指のVの字が右肩を向くように軽く握ります。

写真はフックに苦しんだ挙句に、逆なウイークグリップで構えている人の例です。

suraisu-taisaku-kokuhuku2

②スイング中に手首を折っていませんか?

今アドレスで作った手首の形は崩さないままテイクバックと切り返しを行うのがマストです。

スライサーなら数ミリ手の平側に折れても問題ありませんが、万一甲の方向に折れたら一大事です。

イメージとして、『左手の甲と肘までで形成された面』は変えてはいけません。

③左の手と右手の関係は保たれていますか?

スライサーの特徴はなぜかスイングの間中、終始右手が左手の下に入る傾向があります。

つまり右手の手のひら部分が空を向く形になります。

これらの開きを止める対策がスライス克服の条件です。

この3点は、スライスの曲がりの大きい人ほどその傾向が強くなります。

脇を締めて手首を返すと克服できる

クラブを振るときにアウトサイドインになってヘッドが入る人の多くはスライスに悩まされます。

インサイドアウトできれいにコックが返せれば(左手が下で右手が上になる)ドローボール(軽い左カーブ)になりますが、経験的に見ているとインサイドアウトでもインパクトで開いたままではドローボールになりません。

スライス克服の対策はインサイドアウトかインサイドインに限定しましょう。

クラブはフラットに引く。絶対に外側に行かないようなプレーンを作る。

対策のひとつ、すこし体の重心を下げて背を低くする構えが横降りしやすい。

テイクバックからダウンスイングで右脇を絶対に開けない。終始締めておく。

アドレス時の対策

スライスする方の傾向で、最初のアドレスの時から左肩が飛球線と合っていない人が結構います。

この症状は”ご本人が気づいていない”という特徴があり厄介です。

スライスは両肩のラインが飛球線より左を向いていることが大半です。

つまり右肩が前に出ているということです。

右に曲げたくない気持ちの表れですね。

右のOBを怖がって左を向くとさらにスライスが強くなる原因がここにあります。

スライスの克服は次のページでも解説します。

スポンサーリンク