スライスの種類と修正方法

suraisu-syuuseihouhou1

プロゴルファーは写真のような打ち分けをすると聞きます。

でも初心者には画像のようなフェードがスライスになることのほうが多いとも聞かされました。

そもそもスライスとは、そのスライスが起こる意味や原因を知っておかないと修正もできません。

スライスと一言でいいますが、プッシュスライスとかなんだかいくつかのタイプがありそうです。

どんなタイプがあるのでしょうか。

初心者は気をつけているのにグワ~~ンと右に曲がり、仲間は「バナナボール」とか「ブーメラン」などと揶揄します。

でも上級者に聞けば、このスライスも捨てたものではないとか話していますね。

それってどんな意味なのでしょうか。スライスがゴルフで役に立つなんて不思議です。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

最短でスライスの修正方法を見つけよう!

suraisu-hukku-matome
あなたがティーグラウンドに立ったとしましょう。

初心者はあまり考える余裕はありません。まず景色を見ます。

いや~、右に白い杭(OB)がズラッと並んでいるではありませんか!

十分わかっているのにキャディさんの業務連絡です。

「右手はOBになっていますから左を狙ってください」なんてね。

スライサーはもうシビレてしまうシチュエーションですね。

急に修正もできないのでキャディさんにいわれたように左を向きますが、実はこちらにも落とし穴があります。

左を向けば向くほどコースの真ん中に打ちたい気持ちがさらにクラブをアウトサイドに引かせます。

スライスの要因の多くは、この外(アウトサイド)にテイクバックすることが原因で、左に向くほど強くこすってしまいます。

スライスとは?3つのタイプがあるという話

スライスとはいいますが、わければ三通りあります。

①プッシュ・スライス

打ち出しから右に飛んでいき、さらに右へとカーブするボールです。

②ストレート・スライス

まっすぐ打ち出されたボールがどこかの時点で右に逸れていくボールです。

③プル・スライス

プッシュと逆に左方向に飛び出したボールですが、どこかで右方向に進路を変えるボールです。

スポンサーリンク

どのタイプのスライスでも修正方法は同じ

suraisu-syuuseihouhou2

プッシュに限らず3つのタイプのどれであれスライスの修正はできます。

スライスということはインパクトの時にフェースが開いているということ。

スイング軌道がアウトサイドインになっていることです。

開くという意味は、フェースとクラブが正面衝突の瞬間ストップモーションで見るとフェースが飛球線(ターゲットライン)の外(右)を向いています。

そもそも最近のクラブの構造はやや「フックフェース(写真)」が主流です。

つまり買ったときからフェースはすこし左向きなのですね。

むしろインサイドインではなく、インサイドアウト軌道が良いわけです。

インテンショナル・スライス

インテンショナル(Intentional)とは意図的という意味の英語です。

意図しないスライス、これは初心者にとってはミスショットになりますが上級者はこれを逆用します。

上級者がインテンショナルスライスを打つスイングからも、スライス修正のヒントが見えてきます。

逆を行けばいいのですからね。

上級者は、スタンスを広めにとりボールは通常より左に寄せます。

構える時からクラブのフェースを開き思い切りテイクバックを外に出してクラブを引き下ろします。

ダフルとスライスはかかりにくいのでトップ気味にヒットします。

そして、打った後クラブは返すどころが開いた(左手が上で右手が下)ままで低くフィニッシュします。

次のページではこの上級者の打ち方の逆からヒントを探ります。

スポンサーリンク