ドライバーでのスライスはフックを知ることにより解決に近づく?!

suraisu-hukku-siru1

前ページでは、ゴルフはその立ち位置やクラブを振る動作やクラブの構造的にいって、ボールを打てば右に曲がるのが自然ですという解説をしました。

ゴルフ用語でスライスの反対語的な存在が「フック」です。

スライスに対しての妙薬がフックという話は面白そうですね。

いったいどういうことになっていくのでしょう。

また、フックとは何者なのか、その原理とフックを利用したスライス克服の練習など解説します。

\ゴルフ上達法のおすすめ教材/

スポンサーリンク

スライスしてしまう人のフックの正しい使い方

suraisu-hukku-matome
まずはフックの解説です。

右利きの人を例にとれば、(ドライバーでもほかのクラブでも)打ち出したボールが右から左に大きくカーブを描いて飛んでいくボールです。

出玉がまっすぐで頂点付近から左にやや曲がりながら落ちてくるボールはプロにも人気のある「ドローボール」です。

打ってすぐに極端なカーブで左に曲がり、しかも距離が出ないボール”チーピン”とか”ダックフック”などといってすごく嫌われます。(チーピンは麻雀用語から。形が似ている)

suraisu-hukku-siru2

パッティングの時に「フックライン」などといいますが右から左に切れていくラインで、これは和製英語です。

(英語では”break to right”が正しい言い方。また”Hook”、”Slice”の単語は歴とした英語で非常に一般的に使われます)

野球スイングだとボールはフックになる

練習でフックボールの打ち方をやってみましょう。

これは一日でスライスを直した例もあるほど効き目が強い矯正法です。

これは意外と簡単で、スライサーがテイクバックの時、アップライトに上げているシャフトをもっとフラットに変えるだけです。

フラットというのはスイングのプレーンが”平たく”なる振り方です。

わかりやすくいうと野球のバットの振り方のようにというのが一番でしょうか。

アップライトは縦振りというイメージで、フラットは文字通り横振りです。

スポンサーリンク

つま先上がりはフックが強い

一例をあげるとつま先上がりのライ、これは英語で“Hook lie(フック ライ)”と呼ばれる状況です。

これはわかりやすいですね。

つまりつま先が上がっている→ボールの位置が自分の立っているところから高い位置にあればあるほど打ったボールは(自然に)左に飛び、その度合いが強くなります。

仮に、強い斜面に打って止まってしまったボール、野球のように腰の高さにボールがあるような状況では、たとえプロでも右に曲げるボールを打つこと不可能です。

必ず左に曲がります。

このことを利用して矯正練習するとスライス解消できます。

膝を地面につけて打つとスライスが直せる!?

suraisu-hukku-siru3

フラットに振る、野球の振り方を真似ただけでスライスが一日で直ってしまった話をしました。

それほどスライスを直すのに逆なことをやる意味はあるのです。

あの全英オープンを制した南アフリカのアーニー・エルスが、

「まるでエキジビジョンのゴルフショットをするかのように、練習場で両膝を地面につけて振ればスライスはすぐに直るよ」

といったことを思い出しました。

どうでしょう、遊びのつもりで写真のようなスタイルで打ってみませんか?

これでスライスが直るならお安い買い物になりますよ。

スポンサーリンク