ゴルフでドライバーのスライスを事前に防止するには?

suraisu-boujsi3

このサイトでは「ゴルフは最初が肝心です。正しい知識を身につけて着実に上達すれば必ず100が切れます」と解説しています。

やはり野球のように運動神経・体格・パワーが先行するスポーツと違い、全く逆といっていいほど知識が技術に直結しているゲームがゴルフです。

それだけに老若男女が全く同じコース、同じ状況の下で楽しめるという素晴らしい一面もあります。

さて、今回もゴルフの特性を学んで伸びしろを広げましょう。スライスについての解説です。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

スライスはどうしても防止したい

suraisu-hukku-matome
スライスは、パワーのある方がゴルフの覚えたてにでると結構悩みますね。

野球経験者などは力で飛ばすことができるため方向のコントロールができなくなりやがて左右に散らばることになります。

suraisu-boujsi1

例えば野球経験者など、ヘッドスピードが速い人ほど手首の調節を使ってまっすぐ飛ばそうという傾向はあります。

自分で速さを意識しているからでしょうが小手先では防止できないのがスライスです。。

コック(手首)だけでボールをクラブフェースの正面で合わせようという打ち方は逆に難しく、防止どころかミス率を高めます。

ゴルフのスイングの基本は「ボールを打つ」という意識より、「スイングありき、たまたまスイングの中間にボールがある」とイメージのほうが正しいのです。

スポンサーリンク

スライス防止の基本の基本

suraisu-boujsi2

ずいぶん前のことですが、かなりの数の初心者のビデオを撮った時期がありました。

そして驚くことに、その方々の多くがアドレスからフェースが開いていること、トップの位置ではもっと開いていること、さらにそのことに気づいていない人が大半だったことを記憶しています。

さらにつけ加えると、両肩のラインがアドレス時点で半分程度の初心者の方がすでに飛球線から開いていました。

つまり、スライスになるべくしてスライスになっていたスイングだったということで、ある意味、そこさえチェックすればスライスは曲がり幅も含めかなり防止できるということになります。

スライス防止の団扇(うちわ)理論

右手1本で、ゴルフのグリップのように握り団扇を手に持ってみてください。

その団扇の面がクラブフェースだと思って。姿勢は立っても椅子に座っても普通でかまいません。

  1. ターゲット方向にその面を向けます。
  2. 手首の角度と肩の方向を変化させないまま90度右に運びます。

どうです、フェース面(団扇の面)は体の真正面に向いていますか。

実はクラブフェースもコックもその要領とイメージが正しいのです。

今度は背骨を軸にしたまま両肩を回転し、グリップ(持っている場所)を右肩の上に移動します。

この時もほぼほぼクラブフェースが体の正面に向いているのが正しいイメージです。

初心者のスライスは(個人差はありますが)クラブフェースがトップでターゲット方向や空のほうを向いている(開いている)のが特徴です。

その状態からクラブフェースをインパクトでまっすぐに合わせようとするのは、人間業として簡単ではありません。

スポンサーリンク