これだけは知らないとまずい、スイングスピードとバランス

suinngusupi-do
ゴルフのスイングを解説するときに必ず顔を出す必須3項目があります。

①バランスよい体重移動
②スイングプレーン=シャフトが正しい軌道に乗っているか
③タイミングとリズム

このすべては”スイング・スピード(ヘッドスピード)”に関係しています。

さぁ、スイングスピードとこれらはどう絡んでくるのでしょうか。

そもそもスイングスピードって平均どのくらいなんでしょうね。

一般のアマチュアでもそんな難しいこと簡単に計測できるんでしょうか?

スイングスピードについてはいろいろ学ばなければならないことがたくさん出てきます。

まずは正しい理解からはじめましょう。

スポンサーリンク

無理やりのスピードアップは…

suinngu-matome

初心者の方はスイングについて、構えてからアレコレ考えすぎる傾向があります。

それも仕方ない、誰でも通る最初の関門のようなものです。

経験を積めば構えたらせいぜい2~3つのチェックだけ頭に浮かべて振ればいい。

むしろ、考えるより何も考えないほうがミスが少ない・・ということを経験則から学びます。

日本のプロゴルファーで数少ないグランドスラマー(”日本”のつくタイトルを総なめした選手)に村上隆さんがいます。

彼の名言を紹介しましょう。

「コースに出たら、目の前の球を打つこと以外何も考えない」

ゴルフではスイングスピードをムリに上げようとして

  • 体重移動のバランスを崩す
  • プレーンからスイング軌道が外れる
  • もしくはリズムを崩す

ということが往々にして生じます。

スポンサーリンク

あなたのミスショットはこれかな?

そして、冒頭に掲げた3つのポイントに強いかかわりがあるのがスイングのテンポとスピードです。

では比較的よく見るゴルフのミスショットの原因を並べてみましょう。

①早打ち=テンポの悪さ

テンポの悪さといってもいろいろありますが、トップの位置が浅く、なぜか「早く打って処理してしまおう」という一種の強迫観念(プレッシャー)を抱いているシュチュエーションでよく出ます。

目の前に池などある場合ですね。

②タイミングの悪さ

プロのスイングを見ると、しっかりしたトップを作っていることが解ります。

一瞬止まったかに見えるシャフト、そこで解放されたパワーは均一に近いスピードで振りぬかれますが、プロはインパクト周辺、あるいはインパクト直後にマックスのヘッドスピードを測定しています。

平均的にタイミングの悪いアマのスイングはトップから切り返し直後にスピードを出そうとしていることもわかっています。

この辺はすでにクラブメーカーが測定値を発表していて、平均的なミスの数値もわかっています。

③バランスが悪くプレーンから外れているスイング

スイングスピードを上げることばかりに執着しシャフトを振り回すことに専念したため体重のバランスを崩す、いわゆる”明治の大砲”状態になったりプレーンから外れてこすり球がでたりします。

ゴルフの平均スイングスピードを上げるなら、スイング全体のバランスを考える必要があります。

  • 左腕と右腕の力の入れ具合も平均にすること
  • トップでは体重を(右打ちなら)右足に60%、左足に40%程度配する体重移動
  • スイングをプレーンに乗せたらインパクト直後に最速のヘッドスピードを持っていくヘッドコントロール
  • フィニッシュでは(同)右足に20%左足に80%の体重が残す

など、いちいち考えることを必要としなくなるまで練習場などでの鍛錬が重要です。

単にスイングスピードのことだけ考えるとヘッドスピードは上がるかもしれませんが、他がばらばらになってしまい失敗するケースはよくあることです。

プロはヘッドやシャフトのスピードについては個人個人のきちんとした測定値に基づいて、バランス重視が大切ですと教えています。

スポンサーリンク