ゴルフスイングの正しい手首の向き

suinngu-tekubi
今日も楽しいゴルフレッスンです。

ゴルフはスイングは些細なやり方の改善で大きな収穫があるスポーツです。

同時に、ほんのちょっとした考え方の誤りも如実にミスにつながるという、ある意味怖さも秘めています。

でもそこが工夫次第で、少女が大男をスコアで倒せるというゴルフのだいご味の極地でもあります。

ゴルフのスイングで注意しなければならないことがいくつかあります。

つまり基本の部分ですね。

その中に手首の使い方という大事な項目があります。

さて上手な手首の使い方ってどんなのでしょうね?

レッスン書などには手首の固定だとか角度だとか・・・、いろいろありますが、わかりやすく解説するとそれほど難しいことでもないことが見えてきます。

スポンサーリンク

スイングと手首

suinngu-matome

同伴者でうまい方のスイングを見たり、テレビでプロのフォームをみていただけるとと容易にわかることがあります。

まず、体もクラブもすべてが鉄筋コンクリートのようにガチガチに固まり切っていないということですね。

柔軟な継手のようで、動かない部分はありません。

体の部位は肩も体幹(四肢を含む胴体を中心にした主要部位)も大きな筋肉も動かすべきところ、動いてはいけないところのメリハリがあります。

キーワードは【回転】。

止まって見えるのは「頭蓋骨(帽子)」です。

動かさなければ動かないほどベターです。

クラブは固形に見えますが、じつはスイングの過程で左右上下にしなっているのです。

細かくいえば、ヘッドのボールが当たる部分(フェース)もボールの当たる衝撃で微妙に湾曲します。

ゴルフのスイングすべてが「動」として一つ(ピース)にまとまります。

さて、手首の役割は?

手首は曲がるだけに曲者

手首は体とクラブのジョイナー(継手)ですね。

左手首と右手首の動きが結果の良し悪しに繋がることは、だれでも予測できます。

インパクトで手首を使いすぎて手打ちになったり、トップでコックを折るのは好結果につながりません。

手首(コック)は柔軟に固定することで、意味のない折り方や使い過ぎに気を付けましょう。

スイングの間中、手の甲や手のひら側に折ったり伸ばしたりすると反復性が悪くなりいわゆるタメが作れません。

例えば、ハンマーで釘を板に打ち付けるとき、腕、肘、手首をコンクリート化しては釘にパワーが伝わりません。

しかし、手首だけではインパクトが弱く、肘も手首も腕全体も動かし過ぎたら釘の中心を外すでしょう。

この理屈はゴルフのスイングに当てはまります。

失敗する人のほとんどは手首の動き、手首の角度など使い方を勘違いして覚えた方です。

手首の角度はテイクバックで水平の位置は左に嵌めた(と仮定して)腕時計の面が体正面を向くようにイメージするとうまくいきます。

そして手首は構造的にフレキシビリティで縦にも横にも動きますが、プロゴルファーたちのスローをよくご覧ください。

彼らが一貫して手首をカクカクと使っていないこと。

特にアプローチ(別ページで解説)では全くこねたりしません。

左手首と右手首をテープなどで固定して手首の動きを制限しながら練習するプロさえいます。

それほど手首の角度には重要な意味があります。

正しい手首の向きは練習で体に記憶させる

ゴルフでスイングを作業順に並べてみると、

アドレス

バックスイング

トップ

ダウンスイング

インパクト

フォロースルー

フィニッシュ

となります。

大事なこと、アドレスで作った手首の角度は終始一貫変えないように固定しましょう。

アドレスで作った形はインパクトの形だと記憶してください。

特にインパクト前に手首を無理に折る癖がつくとなかなか修復できなくなります。

繰り返しの練習で体に教えましょう。

悪い折りグセの方はレッスン書にある「手首を返す」という言葉を誤解しています。

恣意的(しいてき)に返すのではなく手首を折らないで「正しく自然に振れば手首は返る」ものです。

日本人で唯一アメリカのメジャータイトルを持つ女性が樋口久子プロです。

彼女の言葉のひとつに「手首は返すものではなく、自然に返るもの」というのがあります。

スポンサーリンク