ゴルフスイング時の手首/効率よくパワーを引き出す正しい手首は「自然に」がポイント

suinngu-tekubi
100切り前のアマチュアの方は手首の使い方を研究すると効果があります。

手首の使い方はとても大事です。

こう書くと難しそうですが、実は使い方というのはすべて「自然に」が正解で、意図的に使わないほうが早く上手くなります。

さぁ、今日も楽しいゴルフレッスンです。

ゴルフはスイングの些細な改善で大きな収穫があるスポーツです。

打ち方がうまければ子供が大人を倒せるという面白さがあります。

決してパワーがスコアを決めるわけではありません。

やり方次第打ち方次第なのですね。

さて上手な手首の使い方ってどんなのでしょうね?

レッスン書などには手首の固定だとか角度だとか・・・、いろいろありますが、わかりやすく解説するとそれほど難しいことでもないことが見えてきます。

スポンサーリンク

スイング時の手首は不自然が最悪

suinngu-matome

冒頭で、手首の使い方は「自然に」といいました。これはどういうことかというと、わかりやすく人の手と腕の関係の話からはじめましょう。

右打ちの方を例にしています↓

まず左腕を水平にしてみてください。(写真参照)

そのまま左の手のひらを広げます。

中指が水平で腕の延長線上にあるのが「自然」です。

親指が垂直方向よりやや傾いて上を向いています。

それもごく自然で、手首をそのままでクラブのグリップがスクエア系の方は生命線に沿ってパームグリップで握ります。

※パームグリップについては以下に記述

手首はトップで自然にコックする

グリップを指で握る感覚はフィンガーグリップといい、手のひらで握るイメージはパームグリップと呼ばれています。

どちらがいいのかというより、個人の好みや打ちやすさがあります。

最近主流になっているストロング系グリップとは、右の手の親指と人差し指で作るVの字が右肩方向を指すのがそれです。

スクエアなタイプはそのVの字がアゴとか(ウイーク系の左肩方向)に向きます。

個人個人少し違いはありますが、一般的には手のひらの上でグリップ部分が斜めになるストロング系はフィンガーに、直角に握るスクエアはパームが打ちやすいかもしれません。

腕を垂直に下げた自然の形が理想形

少し前に戻りますが、(写真のように)いま自分で握ったグリップのまま腕を伸ばして垂直に下げます。

その時地面に接したのが一番打ちやすい自分のライ角です。

すこしトウ(ヘッドの先端部)が浮き加減が理想です。

どうですか?親指の角度が最初に握った時と全く変わっていないことにお気づきですか?

それこそがあなたの【自然のグリップ】+【手首】+【理想のアドレス】なのです。

※注意=ドライバーは垂直よりやや傾き(赤いライン)、クラブの番手が大きくなるほど垂直になります。

クラブはごく自然にバックスイングに入れます。

すでにアドレスで手首は少しコック状態なので、トップですこし親指方向にコックが強くなるイメージで大丈夫です。

それも極めて自然にできます。

大事なことは、そのトップのコックをダウンスイングでウデが水平になるまでは解かない、そのままで振り下ろします。

それがタメです。

スポンサーリンク

パワーより効率が優先します

なにか気づきましたか?

ハンマーで釘を板に打ち付けるときの手首の使い方と酷似していませんか?

腕、肘、手首をコンクリートで固めるようなカチカチ手首では釘にパワーが伝わりません。

また手首だけでは釘に対するインパクトが弱く、肘も手首も腕全体も上手に連動させないといけません。

しかし、一定の同じ軌道を辿る再現性がないと、釘の芯を外します。

この理屈はゴルフのスイングに当てはまります。

失敗する人のほとんどは手首の動き、手首の角度など使い方を勘違いして覚えた方です。

ゴルフはパワーがある遺したことはないのですが、最大のポイントは『効率』です。

手首の使い方ひとつで効率よく釘の芯を捉えればパワーが最大限に生きてきます。

正しい手首の向きは練習で体に記憶させる

ゴルフでスイングを作業順に並べてみると、

アドレス

バックスイング

トップ

ダウンスイング

インパクト

フォロースルー

フィニッシュ

となります。

大事なことは、アドレスで作った手首の角度は終始一貫変えないように固定しましょう。

アドレスで作った形はほぼほぼインパクトの形だと記憶してください。

特にインパクト前に手首を無理に折る癖がつくとなかなか修復できなくなります。

繰り返しの練習で体に教えましょう。

悪い折りグセの方はレッスン書にある「手首を返す」という言葉の誤解しています。

恣意的に返すのではなく手首を折らないで「正しく自然に振れば手首は返る」ものです。

日本人で唯一アメリカのメジャータイトルを持つ女性が樋口久子プロです。

彼女の言葉のひとつに「手首は(意識的に)返すものではなく、自然に返るもの」というのがあります。

スポンサーリンク