ゴルフスイングで大切な反復性について

suinngu-hanpukusei1
ゴルフは楽しく真剣に!ゴルフはやればやるほど、知れば知るほど深みがわかってくるスポーツです。

とはいうものの、止まっているボールを打つにしてはちょっと難しい部分もあります。

実はだからこそ深みを感じるのであって、誰でも自転車の乗り方のように、覚えてしまったら(競技は別にして)上達も面白味もないというものでもありません。

スイングを学び、上達すればますます興味は倍増していきます。

もう一つ、運動神経や体力、腕力に勝る人にも勝てるのがゴルフです。

まさに柔よく剛を制す、ゴルフにも言えますよ。

さぁ、大基本といえど初心者が知らないこともあります。

どんな話が飛び出すのでしょうか?

今回は”スイングのツボは「反復性」という大事なキーワードにあるって何でしょうね?

スポンサーリンク

ゴルフ上達のコア

suinngu-matome

すべての人は、ひとつのスイングフォームに集約される・・などということはありえませんね。

その人それぞれにベストがあります。

そして上達するためにはそのコア(核)になる知識が必要です。

その中で最も大切と書いても言い過ぎにならないのが今回の「反復性」ということです。

けっして難しい話ではなく、同じフォームを何度も繰り返せるかどうかであって、子供にもわかる話です。

ゴルフは何をどう説いても、どう練習を重ねても、スイートスポットに当たらないと話にならず、その当たる確率が高いとミスショットが少なくなるので「反復性」を磨くことは上達の特急券を得たも同じです。

人間のロボット化

suinngu-hanpukusei2

ゴルフロボットという機械があります。

クラブメーカーなどが、新しいモデルのクラブの試打に使ったり、ボールの飛距離や回転数などを計測するためにオーダーしたものです。

ロボットだけにスイングの反復性は抜群、、、というかそれしかできないという打ち方を繰り返します。

では人間がロボットのようになったら・・・、と考えてしまうでしょうが、全く100%おっしゃる通りです。

ロボットならボルトで抑えられ均一のベアリングが何度でも何百回でも同じようなスイングを繰り返すことができます。

世界のトッププロはそのロボットに近いといっても間違いではありません。

スポンサーリンク

スイングで大切な反復性のまとめ&豆知識

人間はロボットにはなれません。

ボルトやベアリングが柔軟だからです。

でもそのこと自体が大きなヒントになっています。

人間にあってロボットにないものは

  1. 頭脳(最近はかなり進歩していますが…)
  2. 感情
  3. 経験の積み重ねからくる対応能力

逆にロボットにあって人間にないものは

  1. 均一なパワー
  2. 繰り返し能力
  3. 無意識

詳しくいえばもっとあるのでしょうが、ざっとこういうところです。

人間の頭脳はコースマネージメントなど、ものすごく大事な働きをしますが、逆に目前の池などでプレッシャーを感じるなどジャマな時もあります。

そこがまたゴルフの楽しいところでもありますし、反復性の習得=ロボット化はあなたの上達のバロメーターにもなります。

※コースマネージメントとは

コースを攻略するためのオペレーション、あるいはピンチから脱出するための最善策など、どうしたら最少スコアでホールアウトできるかという設計図的な物、考え方、知恵。

スポンサーリンク