ダメなスライスの解消法と、やって効果のある修正方法とは?

sraisu-kaisyouhou-syuuseihouhou3

スライス解消法を解説しています。

ゴルフの幾多の解説には、スライスの修正について比較的質の高いものもありますが、やってもいいものとそうでないことなど混然一体となっています。

そうなるとどうしたら解消できるのかとお悩み中の初心者は、雑誌やビデオレッスンを見ても、これやっていいのか悪いのか判断に苦しむこともあります。

やって良い方法とあまりおススメでないことを明確に分けて考えましょう。

上級者用の難しいことではなく、初心者用の基本からその題材を取り上げました。

\ゴルフ上達法のおすすめ教材/

スポンサーリンク

あまりおススメでないスライス解消法

suraisu-hukku-matome
アドレス時にクラブフェースを被せる方法は感心しません。

雑誌にはクラブフェースを飛球線からグッと左を向けて構えるようにという解説も散見しますがこれはやめたほうが良いかもしれません。

修正より、悪い癖をつけることになりそうです。

sraisu-kaisyouhou-syuuseihouhou1

つまり、スライサーのスイング軌道がアウトサイドインを修正せずにクラブフェースだけ被せても、1球2球ならともかく、根本的に直すことは無理です。

ほとんどの場合、構えでクラブフェースを被せてもそれは一時的に手の角度を変えただけであって、テイクバックからもうすでに戻るのが通常です。

仮に、このフェースを被せたままアウトサイドインで振ると左にすっ飛ぶかさらに強いスライスになり、距離的に相当なロスが出ます。

スライス病が直った後でもこの癖は修正しにくいことになります。

変則グリップでスライス解消も×

雑誌にはグリップを強く握るとか、ストロンググリップ(野球のバットのような)でグリップどうしを離して握るとスライスが解消されるという話も見ますが、これとて(やり方にもよりますが)あまり初心者の方にはおススメしません。

昔のゴルファーには結構このタイプが多いのですが、初心者の時から基本を外れたグリップでスイングを覚えてしまうと、あとあと返って困ることになり修正不能で悪いスイングが解消できなくなっている人もたくさんいます。

小手先で自分本来の基本を曲げたりせず、王道をシッカリ歩むことが大切です。

スポンサーリンク

ゴルフの基本は王道を外さないこと

このページでもこの前後のページでも、このサイトは『基本は王道』路線で解説しています。

あまり無茶な一時しのぎのグリップなどで応急的にやってみてというのはおススメしません。

優れた先達たちはこう教えています。

まず基本通りのグリップで、基本通りのスイングをしましょう。

そして、スライス解消するおススメの方法は、

フラットにインサイドイン(柔らかい円弧)で振る
フックグリップ気味にする
肩の線、腰の線がきちんとターゲットを向いているスタンスをとる。
右の手のひらが空を向くようなスイングはしない。(右脇は開けない)

もし練習場で、どうしても応急的に修正を試みるなら体の重心を思い切り下げてみるとアウトサイドにクラブが引きにくくなるのでいいでしょう。

そして、アドレスの時(肩や腰の線をターゲット方向に向けたままの状態で)右足をボール一個か二個分後ろに引いてみるのは修正できる練習になります。

sraisu-kaisyouhou-syuuseihouhou2

これは”クロースドスタンス”といって、バックスイングの時肩の回転を助けるのでインサイドにクラブが引きやすくなります。

感覚が飲み込めればスライスも解消するでしょう。

これは初心者の時のスライス治療用として記憶し、打つのは練習場だけにしましょう。

上級者になればドローを打つときなど利用できるスタンスです。

スポンサーリンク