ゴルフスイング時の右脇と左脇/両腕と両脇が隙だらけでは問題あり!

migiwaki-hidariwaki
ゴルフ、上達していますか?

練習すればするほどゴルフってコツがわかれば難しくないって感じますよね。全くその通りです。それだけに、知ること、練習を繰り返すことが上達に直結します。

正しい知識がアクセルだとすれば、誤った知識はブレーキです。

このサイトで正しい知識を身に着けてください。とてもわかりやすく解説します。

さて、その練習ですがあなたはどんなふうに工夫していますか?

ゴルフの練習はただやみくもに打球を重ねるだけでは効果的ではありません。

先ほども触れましたが、打った打球の数が毒にも薬にもなります。

誤ってたくさん打って癖になると、踏んだブレーキペダルそのものが返ってこなくなって事故を起こします。

つまり右脇や左脇を痛める人だっているんですね。

では、ゴルフの練習についてちょっと触れてみましょう。

スポンサーリンク

右脇と左脇の関係

suinngu-matome

プロゴルファーのスイング動画を見ても、それがスローであったにせよ初心者の方が分析し、ポイントを見分けることはかなり難しいものです。

もし今度見る機会があったらよく確認してください。

たった1点で結構です。

それがダウンスイングの右脇と左脇がどうなっているのかです。

相撲の世界には「脇が甘い」などというものがあります。

不思議なことにゴルフにも当てはまります。

プロたちのダウンスイング、右の肘から肩までの部分(二の腕)が右脇にきれいに吸い付いているように見えませんか。

これが脇を占めるという大事な動作なのです。

脇が空くほど方向性も距離もロスする

ダウンスイングの過程で、肩の線を飛球線方向に対し開かないようにするために右脇に右の二の腕を密着させます。

同時に左も二の腕部分を左脇の心臓の近くを抑えるように絞めていきます。

しっかり両脇を締めるわけで、時々この部分にこぶしひとつが入ってしまうほど隙が空く方がいますが、これでは振るたびに違うフォームになります。

これは飛距離や方向性に大きく影響し、トップしたりダフったりが止まらなくなります。

イメージとして、やや極端な言い回しになりますがダウンスイングの右肘は、右脇にグッと押し付けて脇腹ごと飛球線の方向に飛ばす感覚でいいでしょう。

もちろん右だけでなく、先ほども出ましたが両脇を締める感覚が大切です。

この時の注意は上半身と下半身が一体化して回転しては元も子もありません。

右腰を軽く押し込んでからインパクトに間に合うのかというくらい我慢してコック(手首)の角度を解かない努力をします。

逆に言うと誤った方法で力だけのスイングをしてしまい、脇腹痛を起こす人もいますのでご注意を。

スポンサーリンク

スイングは腕と両脇の使い方次第

右脇も左脇も同時に締めることをバランスよく練習に取り入れる工夫をご紹介しましょう。

実はある日、テレビ中継で見て感心したので記憶しているのです。

それはタイガー・ウッズが何かの大会の練習場で見せた光景でした。

左脇にヘッドカバー、右脇にタオルを挟んでスイングをしていました。

なるほど、これなら特別な練習器具を買わないでもすぐにだれでもできますね。

正しい脇の締め方をしていれば脇腹痛にならないで済みます。

坂田信弘さんという元プロゴルファーが、かつてジャンボ尾崎のスイングを評して新聞に書いていました。

「おそらくジャンボの背後について、自分の両掌をジャンボの両脇の下に挟んだまま振ってもらったら、指の骨が折れてしまうのではないか・・・」とね。

それほど脇を占めるということは大事なポイントであるということです。

スポンサーリンク