ゴルフスイング、右手と左手の関係が面白い

migite-hidarite
ゴルフやってますか!

やさしそうに見えてトライすると結構むずかしい、強く打つだけでは遠くに飛ばない、ボールを上げようとすればゴロになる・・・、何ともあまのじゃくなゲームです。

でもそこに嵌っていくのですから不思議ですよね。

やはりなかなかできないことを克服したときの達成感のようなものがゴルフにあふれているからでしょうか。

さて、ちょっと話に出ましたが、ボールを飛ばしたいと願うのは圧倒的多数意見でしょうか。

そのためにはどういったスイングを心がけたらいいのか?左手と右手はどう使い分ければいいの?という疑問が生じます。

スポンサーリンク

右手と左手の関係

suinngu-matome

ゴルフスイングで右手と左手は、漫才のボケとツッコミのように、相互の助け合い的なところがあります。

両方で同じ役割となると一見バランスがよさそうに聞こえますが、それでは漫才でいうと笑い、ゴルフでいうと飛距離と方向が引き出せないのです。

一般的なレッスンでいわれている<右手が方向性、左手が飛距離(右うちの場合)>は、あながち間違っていません。

やはり右手と左手の役割は別々にあります。

でもそのこと自体、スイングの時に意識するものではありません。

腕の伸びはそのまま飛距離に

まず、プロたちのスローモーシャンを見てください。

アドレスからトップまでいかにきれいに左腕(左手)が伸びているか。

そしてインパクト後のフォロースルーでどれだけ美しく右腕(右手)を伸ばしているかです。

さらに、インパクト後の右手が上になる瞬間も見逃してはいけません。

きわめて自然に返っています。

インパクト前の段階でトップからだんだん左腕が縮まってしまう人、これは距離のロスを招きます。

インパクトしてから(ボールをコントロールしようとするのかな?)右手を伸ばすのではなく、逆にカクっと折ってしまう人は方向性にも距離にも難があります。

スポンサーリンク

両腕に距離を測らせる

ゴルフのスイングは反復する正確性が非常に大事です。

テイクバックで左手を伸ばすのは、インパクトの時にアドレスで構えたボールまでの距離を逃さないという意味があります。

つまり言い換えれば、アドレスで腕を伸ばす構えはボールまでの距離を計測し両腕に記憶させているといってもいいのです。

せっかく両腕に記憶させた肩からボールまでの距離を、スイングの途中で腕を伸縮させては台無しですね。

これでは、なかなかフェースの芯に当てる反復率は下がってしまいます。

腕を伸ばすことで、自然にフォロースルーでは右手が上になります。

フィル・ミケルソンは右利き

アメリカの有名なプロゴルファー、フィル・ミケルソンは、”The Big Lefty”と呼ばれる名選手です。

彼は子供のころ父親にゴルフを教えてもらいました。

父親は右利きですが、ミケルソンは父親の正面に立ち、鏡に映る父のフォームであるがごとく全くのシンメトリーで覚えたそうです。

右利きの人の鏡を真似れば左打ちになります。

特別な才能があったんでしょうね、ミケルソンは、あっという間に上達し今日のようにメジャーも手中に収めPGAで大活躍しています。

あるゴルフ評論家が「ミケルソンは生まれつき右利きだったから左打ちの時の右腕が利き腕で成功した例だ」と語っていました。

間違った見方ではないでしょうが、誰でもとなると疑問符が付きます。

通常の右打ちの人がいきなり左打ちしても慣れるまでに時間がかかるでしょうね。

スポンサーリンク