スイング時の右肘と左肘/ポイントは「捻転効率」・両肘と手首の使い分け

ゴルフ効率の良い「捻転」の仕方ひとつ覚えると急にうまくなります。

捻転は飛距離と方向性に大きく関わっています。

ゴルフにおいてサッカーや野球の”走る”や”投げる”は、立ち止まっての回転する『捻転』、当然それに腕や肘(ひじ)の調和が付随します。

止まっているボールだからといって腕だけで打ちにいくということは全く間違いで、いかに下半身を含め全体のバランス重視で捻転するかがポイントになります。

ゴルフがうまい人、言い換えると捻転の仕方がうまい人となります。

回転するだけで左右に移動しない背骨が軸、腰と肩の回転のバランス、それに腕と肘の使い方が正しければスイングの基礎が出来上がります。

今回は「肘」についての解説です。

スポンサーリンク

右肘・左肘の使い方

suinngu-matome

背骨軸の捻転については別なページで解説しますが、右肘の使い方、左肘の使い方など具体的にどうすればいいのでしょうか?

ひとつひとつマスターしていきましょう。

ゴルフはクラブを使います。

したがってこのクラブコントロールが生命線になります。

クラブコントロール、とりわけ肘の使い方は重要です。

右肘、左肘、ともにバランスを欠いてはいけません。

右肘は体から絶対離すなと解説するレッスン書もありますが、そういうイメージでということで、トップの位置である程度離れないと窮屈なスイングになります。

アドレスの形はインパクトの形にイコールです。

ここがポイントですね。

構えたグリップ位置、構えたヘッドがもとの位置に戻って完成します。

だからこそ左肘を伸ばす、つまりボールとの間合いを測ることは必要です。

これは練習で注意すればすぐにできるでしょう。

両肘はバランスよく伸ばすこと

アドレスの時の右肘はガチで伸ばし切って構えるのは良くありません。

肩にまで力みの影響が出てミス率がぐっと上がります。

イメージで少しのゆとりを持たせましょう。

両肘は緊張ではなくリラックスさせておきます。

この時の肘の内側(注射を打つ場所)は上を向けることが条件です。

別なページで解説している正しいグリップなら自然にそうなります。

100切り前のアマチュアの方は手首の使い方を研究すると効果があります。 手首の使い方はとても大事です。 こう書くと難しそうですが、実は使い方というのはすべて「自然に」が正解で、意図的に...

アドレスでは、主に左腕がボールとの距離を測って脳に記憶させるので、ある程度伸びていないといけません。

ヘッド主導でテイクバックが始まると左肘を伸ばし、その間合いを変えないままトップに行きます。

右肘支点で手首の折り曲げはしません。両肘のバランスを重視しましょう。

左肘が曲がることはあまり推奨しませんが、年齢や体質からなかなかそう理想的にはいかず、左肘が曲げる方も見かけますができるだけ努力することで自分の想像以上に改善できるものです。

やってみましょう。

左肘を伸ばす感覚を、石川遼プロは「できるだけ体から離れたところへ」と表現しました。

スポンサーリンク

テイクバックは左を伸ばし、フォローで右を伸ばすのがコツ

前項で、テイクバックでは左肘を伸ばす感覚で右肘支点が生じると解説しました。

両肘を特に意識する必要はありません。

あまり意識しなくても、軽くゆっくり素振りをしただけで感覚が掴めます。

右肘支点のままトップまでスムースにクラブを上げます。

この時は右肘が下を向きます。

右肘が背中の方向を向いたり脇をあけて右を指したりすると、狙った軌道にボールは飛ぶ確率が下がります。

下向きが原則です。

トップの肘と手首とグリップを保つとタメができる

その途中で手首のコックを甲側あるいは手のひら側に曲げてはいけません。

アドレスの形のままプレーンに乗せるとトップで自然にシャフトは水平(あるいはそれに近い)形になります。

アドレスからトップまで、右肘の動きは変化が少なく支点になるだけで役目は果たせます。

右脇を締めてダウンスイングに入りますが、最も大事なこと、それはトップで作った手首の角度、よく言われるコックは解かないという点は忘れないでください。

むしろ親指を右肩のほうに曲げる意識(右打ちの場合)を、ダウンスイングで腕が水平になるまで変えないこと、それが写真のようにタメになります。

そしてフォロースルーでは右腕が伸びて左肘が曲がる(体側に沿って逃がす)ことも忘れませんように。

スポンサーリンク