マット上でできるバンカー練習の方法とイメージの仕方 ~バンカー名人になろう!⑱

matto-bannka-rennsyuu1

ゴルフ仲間と食事をしていたら、バンカーがどうも苦手でね~という話題になりました。5人もごる友がいたのですが、さすがに得意だという人は一人もいませんでした。

いわれてみればアマチュアゴルファー諸兄も、バンカーショットが「得意だ」とは言わないかもしれません。

でも、上級者やプロにとって大半の方はあまり苦手意識は持っていません。特にプロにとってはもっと深いラフや逆目からのアプローチに比べたらやさしいと感じています。

理由はいくつかありますがアマチュアの場合、確かな打ち方を知らずに誤ったスイングをしていること、練習場にもバンカーの付帯設備がないので練習量そのものが少ないからなのでしょう。

ここまでの「バンカー名人になろう!」のシリーズで、その確かな打ち方をよく理解していただいたら練習場でもできる攻略打法の解説をはじめます。

さて、練習場の砂のないマットの上でどんな練習ができるのでしょうか。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

工夫次第で立派なバンカーの練習が・・・

bannka
町中の打ちっぱなし練習場では、限られた環境を上手に工夫してはじめましょう。

習法のチェックポイントを順に読んでひとつひとつ進めればちゃんとしたバンカーショットの練習になります。

まず、ボールはアイアン・マットに直接置かずに、いくつかあるなかの一番低いティーを選んで、ティーアップしてサンドウェッジを持ちます。

ティーは砂の代わりです。

スタンスは今までの記事に書かれてているように、左足体重(右打ちの場合)ですこし広めに構えていますか?

ちょっとガニ股風で大丈夫です。

胸を極端に張ることなくリラックスしたときの姿勢で背骨を伸ばします。

膝は通常より深めに曲げてお尻の位置を下げます。

matto-bannka-rennsyuu2

スポンサーリンク

練習で抑えなければいけないポイント

両足は開いて構えクラブフェースをターゲット方向に向けておきます。

腕は全体が垂直に下げボールは中央付近に置きます。

構えた形がインパクトの形と思って大丈夫ですよ。

そのほうが下半身の揺れとか体全体のスエー(スウェー)を抑えられます。

膝が左右に流れると力が伝わらなくなります。

慣れてきたらボールの位置を左右にボール一個くらいずつ動かすと、同じ振り方で飛びの高さが変わってくることに気が付きます。

クラブはボールに接触しないように、そしてしゃくり上げないように注意しましょう。

あくまでもバンカーショットの練習ですからボールの打球音が出ては失敗です。

ボールを乗せたティを、クラブで半分に切っていくイメージが正解です。

アドレスでハンドファーストにしてはいけません。ヘッドが砂に入る入射角が確保できません。

バンカー練習もスイングの基本通りに

matto-bannka-rennsyuu3

バンカーショットでもほかのショットでも、ミスを誘発するアマチュアの方の失敗例では、圧倒的にヘッドアップがあります。

鳥かごで拝見していて、半分近い方はヘッドアップしているといっても言い過ぎではありません。

逆にいうと、そこが修正できれば一気にレベルアップになります。

バンカーショットは砂のエクスプロージョンだからといって力に頼る打ち方もよくありません。

またクラブヘッドの砂の抵抗が極めて少ない振り方が理想なので、マットの上のティーアップしたときほどゆっくりとスイングする習慣づけをしたいものです。

マットの上でも、鋭角にクラブを入れる意識で打てば硬い砂(あるいは砂の量が少ないときやフェアウェイバンカー)のショット練習になります。

すこし半径を大きなアークにすればフワフワの柔らかい砂を仮想でき、練習場のマットの上でも状況別のショットを打つことができます。

スポンサーリンク