アプローチが池越え!サンドウェッジの打ち方は?

ike-sandowejji3

さぁグリーンの近くまで来ました。ボールの地点に行ってみれば池ポチャは避けられたものの、アプローチショットはなんと池越えではありませんか!

初心者の方が最もイヤがる場面ですね。

こういうケース、手にはサンドウェッジなど持ったものの池に入ってしまうのではないかと不安のまま打つと案の定、ボールは誘い込まれるかのように水を求めて飛び込みますね。

イヤだなと思う度合いが強いほど、池を意識しないほうが良いと思うほど、恐怖心が鉄板になってしまうのが悲しい人間心理です。

さぁ、それではどうすればそのリスクを回避できるのか、基本的な部分を知ることでかなり回避できるものです。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

池越えのアプローチで考えるべきポイント


池まで何ヤードあるのか、ライはどうなのかが最初のチェックになります。

次に考えることは当然のことで、池だけには入れない、つまり大きめでも仕方ないということですね。

その一種のあきらめ感(割り切り)だけでもショットが楽になります。

初心者がこういうケースでミスする心理は、ピンが見える以上近くに寄せたいという考えが筋肉に伝わり硬くなったフォームでショットしていまいます。

結果的にクラブの芯を外しミスすることになります。

池を越えて落とすポイントはピンの位置ではなく、安全に運ぶ場所だけを目で追って決めます。

ゴルフは一打の損があってもピンチの脱出が最優先、確実に次に打つよい場所へ運ぶことと考えが巡るようになると一気に上達します。

池越えのアプローチが池に入ると、1打加えて再び同じようなところから打たねばならず、そのことを考えれば1打で越えてくれれば安いものです。

スポンサーリンク

池ポチャのアプローチの最大の敵

ike-sandowejji2

「これをやれば池に入ります」特集です。

ヘッドアップ

池越えに限らないのですが、おそらくミスの割合で一番多いのがこのヘッドアップでしょうか。

気になるのはボールの行方、インパクトの音が聞こえる前にピンを見ては肩が開き、間違いなく池に入ります。

手打ち

これはヘッドアップの逆に見えます。

先ほどの緊張感が筋肉に伝わって体全体が硬化現象を起こしているからでしょう。

全く体の動きが止まって手先だけの振り方をしてしまいます。

手とか腕の筋肉はいわゆる小さな筋肉です。

短いショットほどこの小さな筋肉には休んでもらい、仕事をするのは肩周辺や背筋などの大きな筋肉にやってもらいましょう。

同じサンドウェッジでも打ち方注意

ike-sandowejji1

そのほかサンドウェッジでもほかのクラブでも、気をつけなければならないことがいくつかあります。

単純に打ったボールの高さを求めるとすくい打ちになり、トップやダフリになりやすいのです。

ゴルフのクラブはロフトがついていますから、逆に低い打ち出しは難しいことを理解していないと失敗します。

クラブはダウンブローに振り下ろすこと。

クラブフェースの下から1cmにすべての意識を集中させ、ボールの赤道をめがけてヒットしましょう。

ボールの赤道を意識することは、ヘッドアップや体の上下運動の防止になります。

重要なのは「リズム」です。

きれいに芝生からボールを払っていくショットは、快適なリズム感を求めています。

日頃から練習場で音楽用のメトロノームを置いて打つことはとても良いことです。

スポンサーリンク