フックの矯正と対策

hukku-kyousei3

スライスを卒業するとフックになるという初心者の方はたくさんいます。今度はフックの矯正です。

フックはスライスより直すのがやさしいというのが一般的です。

このサイトでは『ゴルフは韻を踏んで上達する』という大きなテーマで解説をしています。

ゴルフは面白いもので、いえいえ、他のスポーツもそうかもしれませんが右へ行くから左へ、左に行くから右へと矯正を重ね、そうこうしているうちに気持ちの良い距離の出るボールが出る回数が増えてきます。

それこそが韻を踏んでいるわけで、スライスもフックも経験という韻を辿っていることに間違いありません。

その紆余曲折している試行錯誤が、やがて100切りから上級者へ、そしてシングルプレーヤーへ続く道の一里塚なのです。

いっぱい苦しんだ分だけウデは上がります。ではもっとあるフックの直し方、矯正法など進めてまいりましょう。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

インテンショナルフックの打ち方

suraisu-hukku-matome
プロがインテンショナル(意図的な)フックを打つときのスタンスに注目しましょう。

通常のスクエアスタンスよりすこし右の足を引きます。

そうですね、ボール一個か一個半くらいでしょうか。

これをクローズドスタンスといいます。

この動作には3つの意味があります。

少しでもインサイドからクラブを入れたい。
クラブは長めに持ち、クラブフェースの返しを早めに、強く行うため
体の左サイドの動きを制限したい

という意味です。

こうしてボールに強い左スピンがかかりやすくなります。

フックを直す矯正法はオープンスタンスもアリ

hukku-kyousei1

前述の①~③にはフックを矯正するヒントが詰まっていますね。

この逆をやることでボールの左回転は軽減しフック矯正の対策となります。

体を飛球線に対して開いて打ってみるという対策もフックを直す矯正法です。

いわゆるオープンスタンスといって、前述のクローズドスタンスの逆に、スクエアなスタンスから左足の位置をボール一個か一個半引きます。

そうするとスイング軌道はどうしてもアウトサイドインになりますからフックは打ちにくくなります。

注意することは、足の位置を変えても両肩で作った飛球線への向きを変えないことが大事です。

多少の開きは問題ないのですが、初心者の方は得てして極端に開く傾向があります。

本当なら誰かに見てもらうかスマホなど使って録画すればすぐにわかります。

これはフック矯正の方法としてはとても効果的です。

スポンサーリンク

フックの矯正もTPOを考えて

hukku-kyousei2

初心者の方、あるいは100切り目前の方に前述のフックの直し方、あるいはそれ以外のスイング矯正で注意することがあります。

こういった大きなフォームチェンジとか、試行錯誤的な挑戦はコースに出ていきなりやることはやらないほうがベターでしょう。

練習場とコースでは心理状態が違うので、あくまで町の練習場とか自宅での素振りに限定したほうが間違いありません。

時々コースに出てラウンドレッスンを始めるベテランの方もいますが、コース上でスイングの矯正は返って初心者を混乱させるだけになることが往々にしてあります。

テレビ番組の影響でしょうか、おススメはしません。

ゴルフは韻を踏んでうまくなるので、いろいろな失敗はしたほうが結果的にお得ですが、このサイトに書いてあるように、なぜか?を理解して着実に合理的にウデを挙げてください。

スポンサーリンク