フックボールに大きく関わるグリップ

大ざっぱな見方ですが、ゴルフビギナーの方の70~80%はスライスに悩まされ、まずそこを克服するとぐんぐん上達してやがては100切りのレベルに到達するというルートがけっこう目立ちます。

意外と多いケースですがスライスが治ったと思ったらフックが出るという方にもお会いします。これも上記のように、ある意味健全な上達のルートかもしれません。

つまり、最初はクラブの振り方を覚えていく過程で、自然にアウトサイドインとインサイドアウトのスイング軌道が身について、一通りのスイングを学んだという証拠でもあります。

そうはいっても、ティーグラウンドでフックなのかスライスなのか、どっちのボールが出るか不安では困ります。ドローやフェードが打ちたいと思いますね。

では詳しい知識を身に着けてください。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

まずフックの原因から

suraisu-hukku-matome
フックしてしまう原因としては、ひとつはグリップの関係があります。

いわゆる

  • フックグリップが強すぎか
  • 自分にあっていない握り方なのか
  • ほかにもスタンスの関係があるかないか

を確認しないといけませんね。

スライスを直そうとしてウイークグリップの修正が極端になり過ぎていたら通常のグリップに戻しましょう。

グリップの矯正だけでフックが治る方はたくさんいます。(写真)

hukku-gurippu2

ゴルフの場合、人それぞれで体の部位に特徴がありますから一概には言えません。

でも、中には手首の力が強すぎてインパクトからの返しが強烈な方はフックします。

そういう方は意識してコック(手首)を返さないで、振るときは自然に右手が左手の上になるよう注意します。

もっともっと柔らかいグリップにすることも大事ですね。

スポンサーリンク

体が回らないとボールはフック系になります

体の回転とボールの曲がりは非常に大きな関係があります。

フックする方すべてではないのですが、肩や腰(胸の向き)などの回転が止まりがちの方は左に曲がるボールが出やすくなります。

よくフックボールやドローボールを”捕まったボール”と評しますが、体が回転しないで曲がるボールは単なるフックで、けっしてクラブフェースで捕まえたわけではありません。

したがって実に不安定で、距離的にもヘッドスピードのわりに飛ばないことがほとんどです。

このケースは俗にいう手打ちですから、ある程度体の緊張を抜いて70%くらいのパワーでスイングするとか、両脇に余裕を持たせたスイング、あるいはアドレスで肘と肘の間に余裕を持たせる工夫も大事です。

これらを複合的に練習するとボールは自然に変化することが解ってきますし、じつはゴルフ上達のためにはそういった試行錯誤が重要なのです。

フックはスライスの反対語、ということは…

hukku-gurippu1

フックとスライスは反対語だという解説をしました。

ゴルフはあっちこっちで逆さ言葉というのでしょうか、二律背反的な意味の言葉や現象が飛び交います。

アプローチでボールを上げようとすくい打ちしたらダフってゴロになったり、低いボールを打とうと上から潰しに行くとロフトが余計に働いて高いボールが出るというようなことです。

フックの修正は意外とスライスを打つときの特徴を取り入れ、あえて逆をやると簡単に改善します。

そこからは次のページに行きましょう。

スポンサーリンク