グリーン周りのアプローチでは特にスウェイしないこと

guri-nnmawari-apuro-ti-suwei3

グリーン周りのアプローチで、初心者に限らずややこしい距離というのがあります。

それが30~50ヤードのアプローチです。

いわゆる”中途半端な距離”といわれるもので、上級者でもそれを避けるために2打目を残り100ヤード付近に刻むことさえあります。

ではその中途半端な距離を打つときの注意はどんなことがあるのでしょう。

よくスウェイしないようにいいますが、スウェイとはどういう意味なのでしょうか?

やはりグリーン周りまで来たらピタッと乗せたいものですね。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

スウェイとは?


まずスウェイについて説明しましょう。

スウェイ(Sway)は本来スイング軸になる背骨の位置が、テイクバックで全体的に大きめに右(右打ちの場合)に流れるケース、あるいは右に傾くことです。

トップやダフリがでる要因の一つになりあまり良いスイングとはいえません。

写真は「明治の大砲スイング」で、最初から最後まで右足体重のままになっています。

guri-nnmawari-apuro-ti-suwei1

もともと体重移動で右足に60%くらいの移動は正しいスイングですが、(数値でなかなかいいにくいものですが)イメージ的に80%以上流れてはスウェイとなります。

スウェイのまずいところは明治の大砲(リバース・ピボット)的な間違った動き方になり、クラブフェースで芯を捉える確率が下がるので忌み嫌われます。

左右の体重移動を正しく行いスウェイを防ぐコツのひとつに、右に乗せる体重は太ももの内側や右の股関節に意識を持っていくことで相当防止できます。

スポンサーリンク

グリーン周りの打ち方の注意点

グリーン周りで30~50ヤードの距離を打つときに注意することを箇条書きします。

力加減で距離合わせをするのはやめましょう。

9番アイアンなど大きいクラブでチョコンと叩いてピンを狙っても間違いではありませんが、器用な方でも成功率は低くなります。

ウェッジでできるだけフルショットに近いスイングを想定します。

ヘッドスピードを上げるショットは比較的やさしいショットに力加減するゆるゆる打ちは難しいショットと理解してください。

クラブを持つ長さでの調節が簡単です。

ゴルフクラブはグリップ位置で距離のコントロールがある程度できます。そのテを使いましょう。

グリップが5~10cm余ってもかなり飛んでいきます。

普段の練習で、いろいろな持ち方のハーフショットでどのくらい距離が出るのか確認しておくとメンタル部分の余裕が持てます。

ボールがフェアウエイではなく、ラフなどにあるときほど短い持ち方は特に威力を発揮します。

スウェイを直す練習は効果が大

スウェイを直す練習をご紹介します。

これはスウェイだけではなくダフリやトップを出しにくくするとても効果的な練習方法です。

練習場でどのくらいの距離を飛ばすのかを全く考えないで行います。

写真を参照していただけるとわかりやすいのですが、完全に「1本足打法」ですね。

guri-nnmawari-apuro-ti-suwei2

左足1本で立ち、右足は倒れないように支えるだけ。

慣れて来たらその右足まで浮かせてしまって打ってみましょう。

ゴルフはこのように体全部を使うのではなく、むしろ使う部位を限定してスイングの練習を積めば、芯に当たる高確率のショットが打てるようになります。

スポンサーリンク