初心者のドライバーのおすすめの打ち方/飛距離を出すコツ

ゴルフは振り方スタイルは人それぞれでいいでしょう。

しかしそれにも一応基本的な、もっともクラブ効率が発揮できるベースがあります。

長い期間かけ数え切れないデータから割り出したもので参考にすべきものです。

ゴルフの上達の速度はなにはともあれ基本を踏まえること。

そしてある程度ベースの打ち方を会得してから自分のスタイルや特徴、長所を生かしてスイングに盛り込むというやり方がもっとも合理的で早道です。

何度もいいますが、ゴルフは基本からの韻を踏まないと妙なクセがつき、自らの伸びしろにブレーキをかけることになります。

それだけゴルフは最初が肝心だという証左でもありますね。

最初といえば、コースに出て最初に振るのは大体ドライバーです。打ち方の基本知識はバッチリ入ってますか?

\ゴルフ上達法のおすすめ教材/

スポンサーリンク

ドライバー、おすすめの打ち方と基本のチェック

doraiba-matome

アドレスのチェック

ボールはスタンス中央に来ていませんか?

ティーアップしているボールは中央では効率のロスが出ます。

ドライバーはほかのクラブと異なり、スイングアーク(クラブ先端の円弧)の最下点がボールとクラブフェースが衝突する以前になります。

バランスよく振った時に最下点を過ぎてうまくアッパーでボールを捉えるために左寄りに置きましょう。

意識のチェック

背骨を意識、首の付け根を意識します。

背骨が回転軸になるからです。

doraiba-syosinsya-utikata1

ちょっとチェックしてほしいのは、初心者の方にテイクバックは少なくとも30cmくらいまっすぐ(クラブヘッドを)引くようにコーチすると、なぜか外へ外へと押し出す傾向があります。

体の真上から(空から)見て、スイングのアークはわずかに背中側に傾いた円(面)になることを意識してください。

スポンサーリンク

ドライバーの飛距離に関係すること

体重移動

ドライバーは飛ばしたいクラブですが、”飛ばし”ばかり意識しても結果は出せません。

飛距離を意識するあまり最初左に傾けた体重を、インパクトしてから思い切り(打ち上げるために?)右に戻して打つ方を見ます。

まったく逆ですね。

これがいわゆる”明治の大砲”であたかも打った反動で後ずさりするからそういう表現でなります。

体重はかかと全体に平均してかけることでスイングが始まり、グリップの位置側(テイクバックで右、フォローで左)に10~20%程度は移動するものの、スタンスの幅をはみ出るほど左右に揺れ動いてはスイングになりません。

かかともできるだけ上げ下げを抑えます。

トップの位置

スイングで、実際に飛距離に関係する大事なパートはトップからです。

現実的なドライバーのスイングではトップまで多少目線が動いても反復性は保たれ、ミス率もあまり上がらないことが証明されています。

しかし、初心者の多くは”トップからの切り返し”でリキみ、目も肩の回転もずれてミスするケースが多く、結局クラブヘッドがボールの芯に到達しないまま振ってしまっています。

ドライバーでも大切なフォロースルーのおすすめ

doraiba-syosinsya-utikata2

大事なフィニッシュ

「終わりよければすべてよし」といいます。

これはゴルフのためにあるんじゃないかって思いますね。

インサイドからクラブは入ってますか?

インパクトで右脇を締め左手は伸びていますか?

打った直後は左手の(やや)上に右手が来ていますか?

もうこれでドライバーの打ち方としてバッチリなのですが、肝心なのは最後です。

クラブが収まるところに収まってフィニッシュを迎えます。

初心者の方もテレビ番組などご覧になって、プロのショットでキッチリ収まったフィニッシュはミスが少ないことを確認しましょう。

スポンサーリンク