ドライバー初心者の飛距離アップ練習法/スイングの基本④

ドライバーに求めるのはやはり何といっても飛距離ですね。

ビシ~ッと300ヤード飛んだら楽だろうな~、2打目の景色が違うんだろうな~なんて考えてしまいますよね。

いくら長く間ゴルフを楽しんでいても、ご一緒する同伴者の方々の外見的な体つき、性別、年齢と飛距離は全く比例しないことをつくづく感じます。

やはりドライバーの打ち方は本当に千差万別、それもちょっとしたことでガラッと変わるのもまたドライバーの特徴です。

それでは、初心者の方々がドライバーでチェックしたほうが良いことを順番にわかりやすく解説しましょう。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

ドライバーのヘッドスピードが同じなのになぜ飛距離が違う?

doraiba-matome
ドライバーは道具のこともありますが、打ち方さえしっかり記憶して練習すれば飛距離は伸ばせるものです。

飛距離が伸びないで停滞している方はスイングに若干の問題があるのかもしれません。

ほんの些細な修正で5~10ヤードが変わることなど誰にでもあることです。

女子プロやその卵たちの中にはヘッドスピードがやっと40m/sなどという選手がたくさんいます。

まさにアマチュア並みです。

それでも230~250ヤード飛ばすのですから、ベテランゴルファーにとって首をかしげてしまいますよね。

なぜなんでしょうか?

ボール初速は1m/sアップで6ヤード以上飛ぶ

doraiba-syosinnysa-hikyoriappu2

ドライバーのスイングにはコツがあります。

ヘッドスピードが同じでも飛距離に大きく関わってくる数値のひとつに「初速」があります。

同じようなヘッドスピードのアマチュア男子の平均と、女子プロを比較した数値があります。

インパクトした瞬間、ボールが飛び出す初速はアマチュア男子平均が55~56m/sに対し、女子プロは59~60m/sなんですね!

この差が飛距離の差です。

一般的には、初速が1m/s違うと6~7ヤード飛距離が違うといいます。

ここにも大きな原因がありますが、そこは飛距離を伸ばしたい方にとっては詳しく知りたいところです。

スポンサーリンク

ドライバー飛距離アップの練習法

doraiba-syosinnysa-hikyoriappu3

ボールがクラブと衝突(インパクト)して飛び出すときの初速に大きく関わるのがフェースの向きです。

特に初心者の方の飛距離に関係するのがこの”開き”で、スライスのページでも述べましたが、多くのアマチュアの方に見られるのがこのフェースの向きに関係しています。

アマ中級者までの方で非常に多いのはテイクバック、特にアドレスからクラブが水平位置にいたる角度で90度の間です。

プロや上級者のフォームを写真でよくご覧ください。

そのフェースの向きが前傾した体の角度とほとんど似たような方向に向いていませんか。

doraiba-syosinnysa-hikyoriappu1

飛距離に悩む多くの方はこのテイクバックの初期段階で開いたフェースが、そのままトップでも開きそのままインパクトに至るケースがほとんどです。

練習場でなくともご自宅でゆっくりやってみて、フェースの向きをチェックして自分の体に教えてみることでも飛距離に反映されます。

屋外でクラブを振れるスペースがあるなら、クラブを半分ほどの長さで握ってグリップエンドをおヘソの周辺につけたままゆっくり素振りをすると、手首は完全に使えなくなるのでフェースの向きの理想的な確認ができます。

スポンサーリンク