ドライバーのスライスを矯正する(直す)ためにスイング時に気をつけることは?

doraiba-suraisu-naosu3

想像を絶するほどビューンと右に曲がるスライス、でもゴルフをはじめると大半の方が経験する厄介なボールです。

このサイトでは知識が技術の助けになり、ショットはそれにメンタル的な要素が加わるという理論を展開しています。

ここまでのページで初心者の方も<にっくきスライス>の理屈を飲み込んでいただきましたね。

ではドライバーのスライス矯正に役立つ、いくつかの方法と考え方を具体的に解説しましょう。

スポンサーリンク

ドライバーのスライス矯正は知識から

suraisu-hukku-matome
まず、人間がクラブを振るときの物理的な現象を知りましょう。

ゴルフは下に置かれたボールに対して手前に立ちます。

この時点で打てば<左に行きにくく右に行きやすい>ということが解ります。(右利きの場合)

さらにクラブヘッドは団扇(うちわ)のように、軸(手で持つ部分またはシャフト)に対してまっすぐにつけられていません。

右打ちなら体の外(奥側)に突き出ていますから、当たるときの打面のモーメントを想像すれば自然に右に行くことが予測できます。

団扇はその軸との差が0%で、ゴルフクラブはシャフトとボールが激突する場所に2~5cmの差があります。(写真参照)

doraiba-suraisu-naosu1

そもそもゴルフでは打てばフェースが開きやすく、スライスが起こるのは自然のことだということを頭に入れておいてください。

スポンサーリンク

チェックすると矯正できるこの2点

前述のようにクラブはテイクバックすると思いっきり開く性質というか構造になっています。

テイクバックで左手の手首が甲側に折れて空のほうを向いていないか(写真参照)、もうひとつ、ヘッドが飛球線より外のほうに引いていないか、そこだけでもチェックすれば大半の方がドライバーのスライス矯正をすることができます。

doraiba-suraisu-naosu2

つまりそれほどこの誤った打ち方の方が多いということです。

そしてその大半の方に共通しているのが、そういう打ち方をしていないという勘違いから、気づかないという現象があります。

きっとクセになっているからでしょう。

ドライバーを開くことの勘違い

初心者のころ、クラブはテイクバックで開いて下ろすということを習ったかもしれません。

ただ、「開く」という意味を勘違いしてしまう方もいます。

結局ゴルフをはじめて間もない方に「開く」の意味を細かく教えていないせいもあるでしょう。

正しくはクラブフェースを意図的に開きながらテイクバックするのではなくて、(右打ちなら右脇を締めながら)コック(手首)を使わずに引き上げれば自然にフェースは体の正面を向くのです。

そこを意図的に「開く」と勘違いするとテイクバックが始まってすぐフェースが空を向いてしまい、そこにドライバーのスライスの元素が生まれるのです。

次のページではちょっと強い矯正法も紹介します。

スポンサーリンク