バンカーショットのアドレスの基本【ハンドダウンはOK、ハンドファーストはダメ】 ~バンカー名人になろう!⑤

バンカーショットというと実は簡単なショットの部類なのですが、意外と苦手意識の強い方が多くおられます。

その原因の多くは確たる基本知識が不足していることもいえます。そのためになんとなく見よう見まねで打っているという方が大勢います。

確かに日常生活で”砂”に触れるケースはあまりないものですね。それにバンカーの砂質やその日の状態、あるいは飛び込んだボールが置かれたライはその都度異なるのが普通です。

そこへバンカーショット自体の基本知識や経験が不足していれば簡単ではないと思い込むのも無理からぬことでしょう。

初心者の方々、100切りを目指している”ゴルフ命”の方で、かなりお上手なのにバンカーで脱出に3打、4打と汗を流す姿もよく見かけます。

スコア的なことも大きな打撃ですが、メンタル的に強いショックが来ますからね。あまりそんなことばかり続くとますますバンカーが嫌いになってしまいます。

今回はバンカーショットのいろはから入りましょう。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

アドレス基本を知ればやさしいのがバンカーショット

bannka
バンカーが苦手なアマチュアの方、やはりプロのようにバンカーで何時間も打ち込むようなことはできませんからある程度しかたありません。

たまにゴルフコースに出かけてもその設備がなかったりします。

本番のコースをラウンドしても、バンカーショットをトライするチャンスは案外少ないものです。

まずはバンカーショットのアドレスの基本からマスターしましょう。

もし素振りをする環境があれば、このとおりにやってみるだけでも上達します。

構えた時、真後ろ(打つ方の右方向)から見て両腕が垂直に垂れるような下がり方(写真)をしていますか?

bannka-syotto-adoresu-kihon1

極端な例ですが、垂直線よりグリップが体側にくっついてもバンカーショットに差しさわりはありません。

この構え方をとれば自然にハンドダウンになるので、そのくらいの意識で結構です。

逆に、グリップの位置が肩の垂直真下より前にせり出すのは(打てないわけではありませんが)、わざわざショットの難度を挙げて成功確率を下げる構えになります。

ゴルフの基本はとにかくやさしく、反復性、再現性を高めることにつきます。

スポンサーリンク

低い姿勢でハンドダウン、ハンドファーストはダメ

グリップの位置を体側に引くことで何が得になるかというと、手首の角度がつくということです。

やってみればすぐわかりますが、この姿勢をとると自動的にお尻の位置が下がり重心が低くなります。

体の重心が下がるということはボールからほんの少し離れないと立ちにくくなり、クラブも短く持たざるをえないから自然に絶好の構えが作れます。

この時にハンドファーストにするのは逆効果(写真)ですからやめましょう。

bannka-syotto-adoresu-kihon2

基本の基本で、手首が下に下がった腕の垂直線より前に飛び出ている方は、いくつかの打ちにくさを感じます。

テイクバックで非常にぎこちなくなります。

前のページで解説したように、ボールを打たないで砂を叩くために必要なクラブの下ろし方ができなくなります。

(通常のショット同様、手首は使わず最小限度で抑えます)

手首の角度がないために、テイクバックしていくと体はナチュラルに起きてしまいます。

起きるとは、最初に作ったアドレスの背骨の位置が回転しないまま立ってしまうという意味です。

こうなるとクラブの入射角が有効に機能しませんから、叩く砂に力が伝わりにくくなります。

バンカーショットの基本には、後ほど登場しますがクラブフェースのヒール側(写真)を先に砂の妙面に接地するほうが効果的なので、体が直立に近いほどトウ側(クラブフェースの先のほう)が砂に突っ込んでいきます。

bannka-syotto-adoresu-kihon3

スポンサーリンク