オープンスタンスが良いとは限らない【レッスンで知るバンカーショットの応用】 ~バンカー名人になろう!⑧

bannka-ressunn-o-punsutannsu1

初心者ゴルファーに限りませんが、なかには「バンカー恐怖症」の方がいます。

バンカーが嫌いだと思っていると、かえってそこにボールが入り込む気がします。

苦手で遠ざかりたい気持ちのせいかレッスン書もあまり読まない。

本番ではミス続出、同じバンカーで4回5回ということも珍しくなくて、その間待たせている同伴者も気になったりすると集中を欠き、さらにスコアを悪くするなど結構シャクに障ります。

バンカーに入るたびに過去の忌まわしい思い出が蘇り、その都度ミスを恐れるから振り方全体が縮こまっていることにも気づいていないかもしれません。

こういった悪循環を断ち切るには、ここまで書いてきた基本のレッスンを徹底するだけで修正できます。そうすればバンカーショットはそれほど難しいものではないことがわかります。

実際にバンカーは砂ですから、ボールを直接ヒットしない限り距離には制限がかかるので逆に楽といえば楽なショットなのです。

必要なのは知識と実践的なレッスンと経験、このページ以前のバンカーショットの基本を読み、以下に書かれた応用的なことを学習すればあなたもバンカー名人になれます。

今回はアドレスを決めるセットアップ(オープンスタンス)の基本です。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

絶対にオープンスタンスとは限らないバンカーショット

bannka
応用的レッスンの第一は、バンカーでボールに向かうときの基本的なスタンスを、ピンに対して腰と胸の線を開く、つまり目標線がターゲットの旗竿より左(右打ちの場合)に方向をとるということです。

bannka-ressunn-o-punsutannsu2

これをオープンスタンスと呼びますが、この基本から生まれる良い点は次の通りです。

体の左のサイドが開くので、フォロースルーの時に左の肘(腕全体)が抜けていく空間が作れる。

このように体が開いても、クラブフェースは通常のショット通り、向きも位置も変わりませんから結果的にフェースも体に対してオープンになります。

次に、雑誌などで読んだレッスン通り、バンカーショットは何でもかんでも構えたらフェースを開くのだという感覚ではなく、クラブを主役に考えてください。

通常通り飛球線にフェースを向けます。

構えてからフェースを開くというより、自分の体がその移置に合わせて開くイメージです。

そこを自然に行えればそれだけで構えてからの安心感が生まれます。

スポンサーリンク

万事はレッスンで自分を知り応用することがポイント

バンカーショットはボールが近いほどフェースを開いたほうが上に上がって距離の出ないショットになります。

ではありますが、アゴがなければあまりムリヤリ開く必要はありません。

ある程度の距離を飛ばすときなどは状況次第で通常のアドレスでも大丈夫です。

それはレッスンすれば理解できます。

オープンにするときは、前述のように足の位置を決める主役はボールです。

主役のボールはスタンスの中央寄りが基本ですが、前述のようにケースバイケースとそのプレーヤーの普段のショットを鑑みて決めましょう。

こればかりは何度もレッスンをして、感覚的に体で覚えるのが正解です。

このことを練習で身につけると、後のページに出てくる「状況別のバンカーショット」で簡単に応用ができます。

オープンスタンス以外でも脱出はできますが、そのほうが応用の幅が狭くなります。

テレビの中継でプロゴルファーたちのバンカーショットをよ~く観察してみてくださいね。

スタンスを開かずにショットするケースは稀にしか見られないことが理解できます。

それだけ理解しただけでも立派なレッスンになります。

bannka-ressunn-o-punsutannsu3

スポンサーリンク