ライを見極める【学んだことの応用でショットすることが大事!】 ~バンカー名人になろう!⑪

bannka-rai-mikiwame1

ゴルフが面白いと思うところは多々ありますが、「ハザード」というゴルフ用語のバンカーと池の奇妙な共通点という関係も面白いですよ。

いまさらなにを言っているのかと笑われるかもしれませんが、池は池でもボールが半分くらい顔を出していれば打つことができます。

そしてその打ち方こそバンカーショットと同じだという点でまさにハザードなんだなと感じたわけです。皆さんも水面上に顔が出ている池のボールは、バンカーショットで挑戦してみてください。

このシリーズでバンカーショットを克服し、100切りを確実にさせたいと考えている方にはもう少しバンカーショットの応用編を学んでいただきましょう。

先ほどの池ではありませんが、バンカーのライとなるとその状況はとても重要です。

スポンサーリンク

バンカーのライ別に対応しましょう

bannka
バンカーの中に想定外で飛び込んだボールは、まさにライが千差万別です。

そこで、いくつかのライについてバンカーショットの応用を働かせれば、簡単に出せるどころかワンパット圏内にビシビシ乗せることもできる上達法を解説していきます。

まずは平らなライからはじめましょう。

平らなライの場合

平らなライでミスする方で多いのは、オープンスタンスにしておきながら、スイング軌道がオープンに沿って振っていない軌道だという点です。

クラブのバックスイングはスタンスの方向と同じでテイクバックしなければいけないところ、ピンの方向中心の引き方になっていませんか?

ヘッドをターゲットの向きで引いてターゲットに向けて振り抜いてはオープンにした意味はなくなります。

きちんとアドレス通りの(一見)アウトサイドインでいいでしょう。

スポンサーリンク

もし左足上がりのライだったら

bannka-rai-mikiwame2

次は左足上がり(右打ちの場合)のライです。

通常は打ちやすい楽なライだと考えて大丈夫です。

傾斜がキツイか弱いかによって多少の差がありますが、共通して注意しなければならないことは、バンカーショットの基本にならって左足に大半の体重をかけてはミスになります。

ここは応用を利かしましょう。

そもそも左に砂の壁があるところで、左足に体を傾けるような姿勢では、振り抜いたクラブの行き場所がなくなることを想定してください。

おそらくボールを打ってからクラブの先が砂に刺さってしまうことになります。

これは、バンカーショットの基本で述べた、最低限度「振り抜くこと」という基本とは程遠いショットになってしまいます。

通常のショットのところでも解説しますが、ライを見て斜面に沿った立ち方で、クラブが抜けていく空間の確保をしてから振り抜いてください。

左足下がりのバンカーショット

ライ別の打ち方の最後は左足下がりです。

これは熟練した技術があっても、傾斜がきつければ難度の高いショットになります。

もしゴルフビギナーだったら、そのようなライにボールが止まったことでワンペナルティだと考えます。

ここではピッタリ寄せてワンパットなどを期待するのではなく、出せればOKでいいのです。

グリーンからこぼれても脱出優先と行きましょう。

まず、ボールを高く上げることはプロでも難しくなりますから、最初から上に揚げようとしません。

前に見えるアゴすれすれで飛ぶ、低い打ち出しのイメージを作ります。

スタンスを狭くすること、オープンスタンスの度合いは少なめでフェースも少しだけ右向き。

先ほどと同じで傾斜に沿って(直角の感覚)立つこと、自然に体重は80~90%も左足に乗せることになります。

左足下がりでは、クラブをしゃくり上げるショットがもっとも失敗の多くを占めています。

それは右足に体重が移りやすく、ボールのかなり手前の砂にヘッドが刺さる形になるからです。

出すだけとハラを決めた以上、傾斜に逆らわずその面を滑らせるように低く振り抜けばウェッジのロフトが黙って出してくれます。

スポンサーリンク