アプローチはウェッジでグリーン周りを攻める

せっかくグリーン周りに運んでから大叩きした経験は誰でもあります。プロだってそんなことよくあることです。

それだけに目の前のピンに対してどうやったら2打で、あるいは3打で上がりたいと思うのが通常の考え方でしょう。

今回はグリーン周りのアプローチでウェッジを使う方法を解説します。

一言でウェッジといいましたが、ウェッジには何種類もあり、その打ち方とシュチュエーション次第で千差万別、ひとつ一つの状況を説明できませんが、初心者の方にはミスショットを打たないための基本的な考え方ややり方があります。

\ゴルフ上達法のおすすめ教材/

スポンサーリンク

ライのチェックでグリーン周りでの打ち方を決める


最初に大事なことはボールの置かれた状況です。

まずはライがどうかということです。

ライは非常に大事です。

初心者の方は何でもかんでもサンドウェッジなどで決め打ちしますが、ミスが少なくなりやさしいスイングができるならそのほうがベターです。

基本はウェッジですが、実際のアプローチは14本のクラブすべてが使えます。

apuro-ti-wejji-guri-nn2

写真はフェアウェイウッドでのアプローチ。

必要なのは自由な発想と練習量です。

例えばラフなどでボールが浮いているか沈んでいるかのチェック。

沈んでいたらトップしないようにボールの底辺に集中し、上からダウンブローが良いでしょう。

浮いているときはすくってしまうと、薄いフェースのウェッジではボールの下をクラブが通過する、いわゆるダルマ落としの現象が起きます。

apuro-ti-wejji-guri-nn1

状況に応じてサンドウェッジではなく

  • アプローチウェッジ
  • ピッチングウェッジ

を使用する考え方もアリです。

スポンサーリンク

グリーン周りのアプローチで使うクラブ

apuro-ti-wejji-guri-nn3

高いボールか低くランニングアプローチなどで寄せるかを決める時に、ボールとピンの間に障害があるかないかがポイントになります。

その中間にバンカーや場合によって池などがあるときは無条件に高さが必要になります。

ウェッジが何種類かあるときは一番得意なクラブを持ちましょう。

得意なクラブを持つ意味は、アドレスの段階から心に余裕が必要だからですね。

不安を抱えたままのショットだとミス率があがります。

そんなほんの些細なことが結果に直結するのがゴルフです。

アプローチクラブでウェッジを持つときは

ある程度ボールを上げなければならない時はクラブを短く持ち、スタンスも狭めで構えてボールに集中します。

大事なことはリズムだと言い聞かせて、グリップは柔らかく(アプローチで強く握るとリズムは出ない)時計の振り子のイメージでクラブを振れば大丈夫です。

※ワンポイントアドバイス

クラブのソールが芝生の上をすべるようにというイメージが成功を生みます。

上から思い切りダウンブローに打つ方もいますが、クラブが地面に突き刺さる打ち方は距離的な調節も難しいのでおススメしません。

それから、バンカー越え池越えなどのケースでは、ピンの手前に落として転がすというプロのようなテクニックを考えて力むより、「ちょっとオーバー目でいいかな」という考え方でいいでしょう。

奥の5mも手前の5mも同じと考えると気が楽になります。

スポンサーリンク