ここ一番で出る悲しいトップ!グリーン周りのアプローチ

apuro-ti-toppu1

ゴルフを始めて間もない方でも、もうカップは目の前、アプローチでうまく寄せれば今日の初パーは確実!ドキドキしてしまいますよね。

なんていうシュチュエーションは必ず訪れます。

ところがこんな時にかぎって出るのが”トップ”です。チャンスが目の前だけにガッカリですね。

こういうケースでトップしないように打つのはどうしたらいいのでしょうか。原因がわかれば打ち方もわかる気がします。

トップしない打ち方でアプローチ名人になりましょう。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

トップの原因はメンタルが大きい


”ボールを上げよう”という心構えは×

”できるなら転がして寄せよう”という考え方は〇

です。

ゴルフの考え方はいろいろあっても、総合的にみればこのように正誤、○×が決まってきます。

わかりやすくいうとやさしい打ち方が〇で、ややこしい打ち方が×となり、苦手なクラブはなるべく使わないで得意クラブでメンタルに余裕を持たせると成功率がぐっと高くなるということです。

自分自らが心理的に追い込んでは上手くいかないのも当然です。

ゴルフにメンタルは大きな影響を持ち、メンタルは練習で強くなります。

トップの原因は右手にあり

apuro-ti-toppu3

初心者がグリーン周りで一度か二度トップすると心理の内側に恐怖心が宿ります。

それが次の似たシュチュエーションでひょっこり顔を出して今度はすくい上げのダフリ、あるいはクラブが地面に弾んで同じようにリーディングエッジで打つトップが再発します。

トップの修正は

できるだけ早くボールを地面に落とす考え方が正解です。

つまり高く上げようとばかり考えずできるだけ自分の近くに最初のバウンドを持ってくる方法です。

アドレスのセットアップは別なページでも書いているように、姿勢を低く両膝を曲げて重心を下げややハンドファーストに構えます。

上下動とリズムに気をつければほぼほぼ間違いなくフェースに当たります。

練習法としてはシャフトの真ん中あたりを握るチョー短い握りで素振りする方法があります。

これなら

  1. 手首をこねない
  2. 両腕の形が変わらない
  3. シャフトが常に自分のおなか方向を向く

の3点が覚えられます。

スポンサーリンク

トップしない究極のコツ

apuro-ti-toppu2

トップを恐れずに「クラブフェースの歯(リーディングエッジ)の先端から1cm」の位置を強く意識します。

スイングの間中、両腕を伸び縮みさせないままそこでボールの赤道を上から押さえつける気持ちで振り抜きます。

この1cmの場所がボールを抑えるイメージは、地面のごみでも払いのけて抜き去るイメージに連結しとても効果的で、アドレスの時から写真のようなインパクトを想像するとうまくいきます。

この時、クラブヘッドを上から降ろし過ぎて打った後地面に刺さる人を見かけますが、ダフリやトップの防止にはなるもののファーストバウンドまでの距離のアレンジが難しいショットになります。

やはり、打ち終わったらそのままバックスイングで上げた高さまでソールを滑らせてヘッドを抜いていきましょう。

スポンサーリンク