アプローチの打ち方はその状況次第で基本の応用

アプローチショットはいつも足元の平らな、条件の整った場所から打てるとは限りません。

いえ、むしろグリーンを外したのですから状況もライも悪いことのほうが多いでしょう。

それにベテランの上級者はあらかじめグリーンを外すことを想定してターゲットショットを打ったりして危険を避けますが、初心者はそんな余裕もありません。

今回はアプローチショットの中で、バンカーショットを除いたいろいろなライとシュチュエーション別の対応を解説していきます。

スポンサーリンク

場面別に使い分けたいアプローチショット

apuro-ti-matome
ボールが花道にあって芝が刈り込んである状況ではライもよく、アプローチショットの選択に余裕があります。

こういうシュチュエーションではランニング・アプローチが最も確実です。

まだゴルフを覚えたての時はいろいろなショットを試したくなったりするものですが、ここは確実に行きましょう。

ゴルフはシンプルで確実なほうがややこしいことをするより勝ります。

プロゴルファーでもライ次第で使える状況ならパターを選ぶかもしれません。

厳しい上り斜面にあるアプローチ

ボールが結構きつい上り斜面にありました。この時はどうしましょうか。

ボールが刈った芝にあるときはあまり難しく考えずに習い覚えたアプローチショットで問題ありません。

ひとつ注意することは、斜面がきついライでは平らな時に使うウェッジはロフトがさらに強調されるので狙った距離が出ないことがあります。

傾斜によってはPW(ピッチングウェッジ)か9番も視野に入れます。

スポンサーリンク

深いラフにはいいってしまったとき

apuro-ti-syotto-rai1

まずボールのライを見ましょう。

芝の長さとボールの浮き具合
順目か逆目か
カップまでの距離とグリーンエッジまでの距離

最低この3点はすぐに状況判断します。

ボールが浮いているライのときは”ダルマ落とし”などといって、クラブがボールの下をくぐってしまうこともあります。

一応、頭に入れておきます。

逆目の時は上級者でも難度が高いショットを要求されます。

打ち方で飛ぶ距離が変わるからです。

初心者の場合は、ピンに近づける…のではなく、考え方としてはそこからまず打ちやすいところに出すことが最優先になります。

きわめてよくあるシーンですが、目の前に池などがあるときはボールをすくい上げようとしないことです。

かえってザックリやって池に入れる結果が想定されます。

こういうケースでは、サンドウェッジなどで逆に上からクラブを落とすイメージが大事です。

また、状況次第でグリーン周りのラフからでもパターを使うことも考えたほうが良いでしょう。

apuro-ti-syotto-rai2

写真のようにパターのトウを使う方法もありますが、少なくとも練習グリーンで一定の練習をしないで本番というのでは成功率も期待できません。

スポンサーリンク