アプローチの打ち方はまずスタンスの基本を知ること

apuro-ti-sutannssu

ゴルフというスポーツは天邪鬼(あまのじゃく)なスポーツです。

打ち方ひとつ見てもボールを上げようとするとゴロになり、思いっきり力で振り回すよりコツだけで打った時のほうが飛ぶという、なんとも妙なことがおこります。

さて、連載しているアプローチショットの極意伝授シリーズですが、今回は大事な基本の構え方、特にスタンス(足の位置)についてです。

旗はすぐ近く、なんだかスタンスなどアプローチの打ち方とは縁遠いどうでもいいように思えますが…、どんな解説が出てくるのでしょうか?

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

正しい打ち方には正しいスタンスがあった!

apuro-ti-matome
アプローチの打ち方は前ページで書いたように大きく分けて4種類です。

ランニング・アプローチ
ピッチショット
ピッチ・エンド・ラン
ロブショット

それぞれ少しずつ異なる部分はあるもののチェックポイントは以下の通り。

★正確なスタンス(ボール位置)
★クラブの持ち方と姿勢
★体の使い方
★クラブの振り方
★メンタルコントロール(ゆったりズム)

スポンサーリンク

基本のセットアップ

①~④のアプローチショットの打ち方は、この後のページで個々に解説しますが、アプローチにはいくつかの共通点があります。

そこだけは最初に学んでおいてください。

<共通点・その1>

まずスタンスは狭くなります。

上記のロブショット以外は、20cm~ゼロcmで問題ありません。

なぜかというと下半身は使わないという表現ではなく、使ってはいけない不動の土台を作らなければならないからです。

土台がしっかりしなければピンポイントの穴に命中させるなど到底できません。

<共通点・その2>

のランニング・アプローチで低く出してキャリーを出さないなら、スタンスはシューズのかかとが接触するほど狭くして、状況次第では右足の外側(右打ちの場合)にボール位置を持ってきても大丈夫です。

ふつうは握りこぶし1個くらい離れます。

最初からクラブフェースが被ったスタンスになればムリなくクラブのロフトが使えるため、初心者がよくやる手打ち(手首使い)のミスを防止できます。

基本的にクラブを短く持ちます。

まだまだある、アプローチショットの共通点

<共通点・その3>

スタンスは左右平行に飛球線方向ではなく、右のつま先より左のつま先を少しだけ後方に引きます。

引く距離は状況次第で平均ボール半分から1個と考え、練習を重ねることでもっとも打ちやすい位置が身につきます。

ここで大事なことは、両足の向きは飛球線に対してやや開きますが、腰と肩の線は足の開きほど飛球線からはズラさないのが基本です。

<共通点・その4>

スタンスを決めたら眼の位置は変えない、頭の頂点から尾てい骨の先端が「軸」です。

ここが回転の中心、回るのは両肩とグリップで形成した三角形だけ。

猫背にならず背筋を伸ばしお尻を突き出すというのはお約束です。

<共通点・その5>

ホールが見えているような距離のないアプローチ、つい気持ちが先走りますが急ぎ打ちは一気にミス率が上がります。

ゆったりズムで振れるメンタルコントロールを鍛えましょう。

スポンサーリンク