街の鳥かごでのアプローチの練習方法/その際のチェックポイントとは?

apuro-ti-rennsyuuhouhou1

ゴルフでドライバーの練習というとさすがに自宅では難しいものがあります。

クラブは長いし、飛ばしたボールがどんな軌跡をたどるかを見なければスイングの矯正材料が残りません。

しかし、ことアプローチとなると時も場所も選ばずできるというメリットがあります。

それになんといっても50ヤード以内のテクニックがスコアの中で大きなウエートを持つことは初心者の方も知っています。

もっと正確に話すと、パーオン率の低いプレーヤー、つまり初心者やハンディの大きい方こそアプローチの技術を磨けば、ぐんぐんスコアが縮まってくるのもアプローチ次第ということになります。練習方法も工夫できます。

それにグリーンオンできなかったピンチの状況から、ピタッと寄せワンを奪取したときの気分はサイコーですからね。

日頃の練習の積み重ねでアプローチ名人といわれるようになりましょう。

スポンサーリンク

ラウンドするコースにアプローチ練習場があるなら

apuro-ti-matome
一般的に、鳥かごといわれる打ちっ放しはそちこちの街中にあります。

しかし、少ないのは生芝のパッティンググリーンが併設してあるところで、たまにあっても人工芝の作りだったりします。

もっと少ないのはアプローチ練習専用の施設はなかなかないものです。

それだけに、たまのラウンドでコースにアプローチ練習場があるところならチャンスを逃さず練習したいものです。バリエーションに富んだ練習方法が可能です。

アプローチ練習場があるコースかどうかは必ずネットなどで事前に調べておきましょう。

もうひとつ大事なヒント、ラウンドが終わってからの練習は効果絶大です。

多くの人はお風呂に入って帰りますが、お風呂に入らなくてもアプローチ練習をしたほうがお得です。

スポンサーリンク

街の練習場で行うアプローチ練習法

apuro-ti-rennsyuuhouhou2

アプローチもほかのクラブ同様、スイートスポットを外したら意味がありません。

その練習方法のひとつにティーアップして打つということもあります。

ウェッジを手にしてやってみましょう。

少し慣れて来たら、右手1本で振る、左手1本で振る、簡単そうですが決してそうでもありません。

片手で芯に当てる技術は、体のブレをなくすこと手打ちでは当たらないことを体感できます。

リズムも忘れないようにしましょう。

100ヤードの看板を見つけたら、まず30ヤードから10ヤード刻みで8回のショットを繰り返します。

自分のルール的にはクラブを変えてもいいことと、失敗したからといって同じ距離を二度打たないと決めて練習します。

アプローチのチェックポイント

そうしながら、うまくいった時と失敗したときのポイントを自分なりにメモしておきます。

体というのは意外と忘れっぽいもので、一晩寝ると記憶が消えてしまいますがメモを見れば感覚がすこし蘇ります。

経験を積むという意味は、そうした細かい地道なことの積み重ねです。

そして、鳥かごの練習に行く日はかならずテーマを持ちます。

例えば今日は「目線」、あるいは「体重移動」という具合にですね。

目線もボール全体を見つめるのではなく、そのロゴなどの一点を見据える練習方法、訓練が後々の上達に繋がります。

スポンサーリンク