アプローチ、ピッチショットの打ち方基本

apuro-ti-pittisyotto

初心者のゴルフを見ていると、スイングで大切な『回転(捻転)』に必要のない動きが目立ちます。

つまりこうするああやるを覚えるより、無駄な動きをしないスイングを知ることのほうが上達の早道になるということです。

今回解説するピッチショットこそその最たるもの、余分な動きがミスを招きます。

では、その意味などをわかりやすいところから探ってみましょう。

スポンサーリンク

目の前にピンがあるからシビれるアプローチ

apuro-ti-matome
ドライバーショットを打ったティーグラウンドを振り返れば、もう200~300mも遠くに来ました。思えば遠くにきたもんだ。

このパー4のホール、思うようにショットが決まりたった3打で来てしまったことにはもう”満足”の一言でした。

と思う間もなく次はピンに向かって打たねばなりません。

その瞬間、頭の片隅をある計算がかすめていきました。

「待てよ、ここでピッタリ寄せればワンパットでボギーではないか!いやいや、入っちゃったりしたらパーだよね!」とかね。

ちょっと練習中のピッチショットで狙うことにしました。

ピッチショットの出番です

ボールのライは悪くないのですが7m先のグリーンは砲台で、ボールよりグリーン面は3mほど高い位置にありグリーンのエッジ(グリーンとフェアウエイの境目)からピン(旗)まで5mくらいしかありません。

『ごるP』で学んだピッチエンドランのショットを打つシュチュエーションにはドンピシャリでした。

早速、記憶をたどり構えました。

★グリップは短く柔らかく持つ。
★スタンスは狭くややオープンに。
★ボールは真ん中あたり
★体重は左寄りに
★ハンドファースト

これで完璧と振ったのですがボールは50cm前に出ただけ!ぐあっくり!!

なぜこんなことになったのでしょうか。

スポンサーリンク

ピッチエンドランとピッチショットは少し違う

ピッチエンドランの応用が利かなかったようですね。

ピッチショットと、強い打ち上げというシュチュエーションに対する応用が利かなかったようです。

スタンスの傾斜が強いときは次のような点を注意しましょう。

立ち方=斜面に対して直角、つまり右足に体重の60%が載ってもよかったかもしれません。
グリーンからピンが近いので、フェースを開くこととボールを左足寄りのほうがベターでした。
致命的だったのはボールを高く上げようとして下からしゃくってしまったことです。

ゴルフのクラブにはロフトという角度があって、自分で上げようとしなくてもそのロフトが勝手に上げてくれるので(逆に低く打つほうが難しい)、ある意味ロフトを信用してスッと振り抜きましょう。

そのほかはピッチエンドランと同様のテクニックですが、ピッチショットは高く上げてスピンを利かし、ピン近くで落としてランの少ない打ち方なのでやや高等技術が必要です。

状況にもよりますが、パターや8番アイアンの転がし(ランニング)という選択もあったでしょう。

いずれにしてもこの基本を身に着けたら、あとはそのケースに合わせ自分に自信がある打ち方、応用をきかすことが大事です。

スポンサーリンク