アプローチの打ち方の基本を学ぶ=ピッチエンドラン

apuro-ti-pittienndoran

ゴルフはドライバーから始まり少しずつターゲット(ピン)に近づきます。

ティショットがドライバーの時はターゲット(落としどころ)はアバウトでもいいでしょう。

そうですね、例えばどこかフェアウエイに行けばいいとか、OBにならなければ…、池に入らなければという具合です。

深いラフに入っても取り返しできる可能性もあります。

ところがピンに近づけば近づくほど繊細なタッチを要求されるのがアプローチとパッティングです。

そのパッティングという最終ランナーにバトンを渡すのがアプローチ、コレがうまくいかないとスコアはまとまりません。

\ゴルフ上達法のおすすめ教材/

スポンサーリンク

ピッチエンドランは慣れると使えるアプローチ

apuro-ti-matome
アプローチは可能な限りランニング(転がし)が有利です。

フワッと浮かせてピンに寄せるのはかっこいいのですが難度は高くなります。

しかし、ランニング・アプローチはグリーンのアンジュレーションが複雑だったり、ハザードがあったりすると使えないケースもあります。

テレビの中継など見ていると、今回解説するピッチショット、あるいはピッチエンドランをプロゴルファーがいかに多用しているかわかると思います。

この『ごるP』では何度も書いていますが、ゴルフは”やさしい”が正解”複雑”とか”難しい”は不正解なのです。

ゴルフはミスのゲーム、ミス率を減らしミスの程度を下げることが上達の最大条件です。

その意味では、ピッチエンドランはランニングに次いでおススメのアプローチです。

スポンサーリンク

ピッチエンドランのボール位置

厳密にいうとシュチュエーションごとにボール位置は異なります。

すべて応用で現場処理が必要です。

ここではその応用の前のベースとなるボール位置を解説します。

まずスタンスの中央寄りから左足寄り(右打ち)に置くほどボールは高くなりスピン(ボールの回転)が利かなくなります。

結果的に落ちてから転がる距離が増えます。

逆に、右に置くほどスピン量が増すという性質があります。

逆に言うとボールの位置で多少の転がる距離がコントロールできるということです。

また、右足の外側に置けばロフト(クラブフェースの角度)が被るため、ランニング・アプローチに近いチップショットになります。

ピッチエンドランの距離基準

基準はあってないようなもの、それこそボールのライや足場の傾斜ひとつで大きく変化するのがゴルフ、とても一概にいえません。

その都度練習で培った経験則で判断します。

しかし、およその目安はあります。

ボールからグリーンまでの距離、グリーンエッジからカップ(ホール)まではどのくらいかで持つクラブを決めましょう。

最初のバウンド(落としどころ)がグリーンに入ってすぐのあたりを狙うのが無難です。

手前のラフに落とすと計算が難しくなります。

サンドウェッジ(ロフト角≒56度)でキャリー(ファーストバウンドまで)7、ランが3。
ピッチングウェッジ(同≒48度)でキャリー3、ランが7。
8番でキャリー2、ランが8というところ。

この目安(ゲージ)を基準にして、鳥かごのような練習場やラウンド前のアプローチ練習場で、自分の打ち方でどのくらいの割合かを何発も打って統計を取りメモしておくことをお勧めします。

スポンサーリンク