アプローチでやってしまったミス特集・上達の条件

apuro-ti-misu

ゴルフは頭で覚えて納得し、それを実践すると上達する典型的なゲームです。

ほかのスポーツも若干似ていますが、野球などは理屈より筋肉と運動神経に訴え、要領よく速やかに体で覚えていく部分のほうが多いように思えます。

そしてもうひとついえることは<ゴルフはミスのゲームである>ということです。

つまり、ゴルフのスコアはミスショットを加算していくと出る数字でもあります。

完璧かそれに近いプレーから見て、ミスをするごとに1打加算するような感じですね。

ところがゴルフの面白いところは、ナイスショットがその加算したミスを消すことが往々にして出てくることことです。

上達するごとにファインショットが増えてきます。

プロゴルファーもミスがゼロのラウンドは滅多にありません。

逆な意味で彼らよりミスが多い初心者のほうがナイスショットで取り返すチャンスが多いともいえます。

ミスの分だけチャンスもあるということで、ゴルフって本当に面白いですね。

無論、上達のためにはミスを減らすことが先決です。

スポンサーリンク

アプローチのミスはこんなことで…

apuro-ti-matome
上達のために減らすミス、まずはメンタル面です。

アプローチするボールとグリーンの間に大きなバンカーがある、あるいは池を越えなければならないなどのケースです。

すぐに心の中で「いやだなぁ、バンカー(あるいは池)に入ったらどうしよう」と考えるのが普通でしょう。

ゴルフの場合はある種の開き直りではありませんが、「入ったら入った時のこと。その時になって考えればよろしい!」と思うのが大事です。

割り切ってスイングしたほうが練習の成果が出て成功率(ナイスショット率)が上がります。

まして大成功したらピンチの分だけ喜びも大きくなります。

持つべきはそのイメージです。

スポンサーリンク

アプローチミスは自分の内側にある

グリーンが目線より高い場所にあるとついボールを上げたくなりますが、よくあるミスはボールの手前の地面を叩いてしまうことです。

そんな状況下で真っ先に考えなければいけないことがふたつ。

ボールを上げるのはクラブのロフト(上向きについた角度)の仕事。

逆に低いボールなど打てっこない。

しゃくらないで基本通りにゆったりズムで・・・

左足が高いわけですから体重は右足(右打ちの場合)に掛けます。

そうしないとクラブのロフトはロフト通りの仕事をしないのと、インパクト後のクラブが芝生面に刺さってしまい、うまく抜けないスイングになってしまいます。

仮に潰して打てても妙にスピンが利いてショートすることもあります。

上達の絶対条件ですね。

アプローチは柔軟な対応で切り抜けること

アプローチはウェッジ一辺倒でなく、各種のクラブを使ったほうが成功率、というか難度が下がるケースがほとんどです。

  1. 真っ先に考えるのは、転がし(ラン)で何とかならないか?
  2. 次はボールの落とし場所はどこか?

この時初心者は落ちてからのボールのライン(転がってピンにいたる経路)ばかり気にしてミスを起こします。

最初のうちは大まかな傾斜を読むだけで、考えることの90%はピンまでの距離だけ打つという、「距離感オンリー」でいいと思いますよ。

慣れるにしたがって自然にラインの読みは身についてくるものです。

スポンサーリンク