アプローチの距離感の掴み方、ウエッジのコントロール

apuro-ti-kyori-konntoro-ru

ゴルフで距離を最優先で求めるクラブは、ドライバーだけといっていいでしょう。

フェアウェイウッドも多少それに似た意味もありますが、基本的にウェッジをはじめターゲットを狙うクラブです。

中でもアプローチに使うウェッジはピンという明確なターゲットがあるため、距離は飛ばすだけではなく飛ばし過ぎないようにコントロールする必要があります。

ゴルフクラブは基本的に14本ありますが、練習しながらこのクラブはこの打ち方でこれだけの距離が出るということを知っておく必要があります。

とりわけウェッジの距離は、正確性が求められます。

\ゴルフ上達法のおすすめ教材/

スポンサーリンク

クラブの距離コントロール

apuro-ti-matome
初心者の方は、まずフェースの芯に当てることが最初にあって、その確率が高くならないとクラブごとの距離は番手で測れなくなります。

また、すこしスイートスポットに当たる確率があがっても、大きいクラブでは結構距離がばらつきます。

そこへ行くと初心者でも小さいクラブ、例えばショートアイアンやウェッジでは芯を捉える確率がグングン上がってきます。

それだけに小さいクラブは力加減と距離の関係を覚えなければいけません。

ウェッジクラブは振り幅で距離をコントロールする

グリーン(旗)が近いときは狙いがピンポイントになります。

距離が足らなくて手前のバンカー、大きすぎて奥のがけ下ではせっかくのチャンスが無駄になってしまいます。

振り幅コントロールだけではありませんが、力加減だけで調節する方はやはりミス率が高くなる傾向にあります。

一般に上級者が行っている方法は、トップの位置を上げたり下げたりして距離の調整をしています。

つまりスイングの振り幅という意味です。

例えば時計の針に例えると、12時はフルショット、あとは11時~7時までの位置で止めてクラブを落とすのがわかりやすいということです。

スポンサーリンク

距離のコントロール、べからず集

アプローチの距離感はスコアの生命線になります。求めるのはその精度。

ではやるべからずにはどんなことがあるのでしょう。

①手打ち

トップの位置や腕の振りばかり気になって手打ちでチョコンとやることは最悪です。

②体幹のブレ

合わせようという気持ちが優先して、上体全体が前後左右、ひどいときは上下に動く方がいます。

これはクラブの芯を外す確率が上がるということで、想定した距離は飛ばせません。

③コックを使わない

振りが小さくてもスイングのポイントとなる「タメ」をなくしてはすべてがダメになります。

タメはアプローチの時多少小さくなりますが、テイクバックで意識的に早めにコックすることや通常8時(針の位置)まではトップの時の手首の角度を変えない打ち方の人が、アプローチではクラブが短い分だけ9時まででコックを解放するなどの工夫が必要です。

いずれにしても、リズム良く振ってインパクトで「加減する」打ち方はミスが多く出るので注意しましょう。

スポンサーリンク