ゴルフのアプローチ上達法はセットアップの基本から

apuro-ti-jyoutatu

ゴルフの上達はどうしてもアプローチの上達法を学ばないといけません。

そして最もは道でもあります。

アプローチの基本的な考え方は、世界に一つではありません。

しかし、ほとんどは基本をアレンジしたものが通念的にあるだけで、言葉を変えたり表現を変えたりしていますがよくよくみれば基本という”ベースキャンプ”はひとつです。

ゴルフの上達法として世界のプロゴルファーが長年にわたりアプローチの研究をしています。

でも、アプローチとなるとそのときのボール状況にも対応しなければならないため、基本と応用がセットになってひとつの上達法になっています。

では、そのアプローチの上達法の基本に迫りましょう。

スポンサーリンク

動く部分と動いてはいけない部分

apuro-ti-matome
いくつかありますが、まずは下半身が動かないというのが重要なポイントのトップです。

アプローチは距離がないため体で使う部位も限られてきます。

スイングの間中、下半身は固定します。

時折、両膝を使いたがる「クセ」の方を見ますが再現性の悪いスイングになります。

膝を左右に振る仕草、伸びたり縮んだりするとインパクトでボールに伝わる力は一定しません。

眼が見つめるのはボールの一点のみ、これだけは動かさないようにしましょう。

ある意味、この眼とボールの一点を結ぶ線がアプローチの生命線と考えてください。

上達法ワンポイントアドバイス=アプローチ以外のショットでは一般的に”ビハインド・ザ・ボール”といって、ボールの右後方(右打ちで)を見ますが、アプローチに関しては左足体重になるので中央かすこし左側にその一点を取りましょう。

スポンサーリンク

まだある、不動の部位

それは足の裏ですね。

シッカリ大地に根を生やしたように靴底で芝生を銜(くわ)えておきましょう。

スイング中にかかとが浮き上がるのは最小限度にします。

例外的に、100ヤードあってもアプローチと称するケースがあるので、これはグリーンまで至近距離にある場合だとご理解ください。

もう一つの不動の部位、これが両肩とグリップを結ぶ三角形です。

あたかも、ハンガーにかけたスーツの袖先を結んだかのように、形づけられた三角形は壊してはいけません。

忘れてはいけない上達法です。

構え方のポイント

クラブをできるだけ短く持つこと。

距離を求めないショットとなると長く持つ必要はありません。

基本的にゴルフのクラブは長くなるほど正確性、再現力が低下します。

体からボールにできるだけ近いところで立つこと。

前述のクラブを短く持つと自然にこうなります。

肩、腕、背中、グリップにも力は入れません。

強いていえば太ももに集中します。

クラブは握るのではなく持つ感覚で、腕はごくナチュラルな形でほぼ垂直に下げましょう。

打つときのシュチュエーションにもよりますが、ややハンドファーストに構えるほうが自然です。

グリップエンドにティなどを差してみると、その方向が左股関節あたりを差していればOKです。

背筋は伸ばし、極端な猫背では背骨という軸中心の回転ができません。

すこしお尻を突き出すようなスタイルが正解です。

この5点は上達法の原則です。

スポンサーリンク