アプローチで左足下がりの急斜面に止まったボールの打ち方

apuro-ti-hidariasisagari3

グリーン周りには危険がいっぱい!それもコースの攻略を阻む設計の罠ですから当然といえば当然です。

初心者の方はこういう時にはこうして脱出するのが得策だ、という具体的なものは持っていないのも当然です。

それは経験を積めばわかることですが、蓄積した知識と練習次第ではベテランの方に負けないくらい上手に打つことだってできるんです。

今回はグリーンオーバーして奥の急傾斜から打ちおろすときの打ち方を解説します。

体をうまく使うことを理解すると、意外とすんなりできてしまいます。

\ゴルフ上達法のおすすめ教材/

スポンサーリンク

打ち方その1は背骨と地面が直角に


まず最初、ゴルフはどんな傾斜地でも体の軸が地面と直角になる形がもっともやさしく、問題なくクラブが振れミスも少ないということを頭に入れてください。

体の軸とは背骨のことです。

その原則さえわかればスタンスは自然に決まってきますね。

apuro-ti-hidariasisagari1

左足下がりの斜面にボールが止まっているのですから、右打ちの方なら左足に傾斜の分だけ体重がかかります。

左足体重ですね。

右足の役目は倒れないように支えるだけといっていいでしょう。

まさに1本足打法です。

両肩も斜面に逆らわない地面と平行に保つイメージならもう大丈夫です。

打ち方その2は傾斜角度次第でボールの位置を決めます

apuro-ti-hidariasisagari2

左足下がりの傾斜地といっても、その角度ごとに対応が必要です。

特にボールの位置には配慮しましょう。

例えば、傾斜が極端でとても打ちにくいときなどは、通常スタンス幅からは出さないのがセオリーですが例外的に応用して緊急処置をとります。

つまり、傾斜がきついと足の幅の内側ではいくら体重を左足にかけても、クラブが下りてくるとき、ボールより先にそのボールの手前の地面に当たってしまう確率が高いからですね。

そんなときのボール位置は極端な右置きになります。

スタンス幅を越えた”異例の位置”からですが、そっとクラブでアドレスしてみましょう。

ボールにクラブフェースを添えると、どうですか、写真で示すようにロフトが立ってきてとても打ちやすい気がするでしょう。

これならダフらないで上から入りそうですね。

この状態ではほぼ低いボールになります。

上げようとしたら失敗します。

打ち方その3は左足斜面に沿ってスイングすることです

スイングは自然にコンパクトなものになりますが、注意する点がいくつかあります。

まず、手だけで処理しようとしないことです。

手首でこねるようにボールを打ちに行くと失敗します。

そのために、”両肩とグリップで作った三角形”はその形をキープします。

あくまでもイメージは平らな場所でのアプローチに準じて打つようにします。

もうひとつ、地面と背骨が直角に立つことが難しいほど傾斜がきついなら、インパクト後のクラブヘッドをスッと斜面の低いほうへ送り込むようにフォローするのがコツです。

この打ち方を初心者に説明するときに、斜面を無視して垂直角度で立つ(右ひざを曲げて左足を伸ばした)人の正面写真を水平にして見せるとほとんどの方がアッといいますね。

あまりにも右傾斜なので、あぁ、これこそがダフリの典型的な右肩下がりの恰好なんだと理解します。

このようにこの急斜面からのアプローチ経験と知識は、ほかの場所で似たようなシュチュエーションになった時や逆な傾斜地でも応用できるものとなります。

スポンサーリンク