アイアンでのスライスの原因になる動作とは?

ゴルフのスイングチェックも、昔と違ってハイテクのお世話になるようになってからはずいぶん科学的になりました。

なにげなく振ってるクラブも、ちょっと向きが違うだけで球筋が変わります。

スライスの時はどうなんでしょうか。自分ではわかりにくい部分はぜひ知りたいものです。

ドライバーは長いのでやはり曲がりも強くなります。アドレスに何か間違いがあるのかも…。

ではアイアンのスライスも含めて原因解明と修復の道を探っていきましょう。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

ドライバーのスライスはアドレスにもある

suraisu-hukku-matome
ボールを左に置きすぎていませんか?

逆な言い方をすると、プロゴルファーがインテンショナル(意図的)でスライスを打つときはその方法を使います。

やはりドライバーを持つと誰でも「飛ばしたい」気持ちになります。

ドライバーに限ってはほかのクラブと異なりスイングの最下点はインパクト位置よりすこし下になります。

こういう軌道はアッパーブローといわれ、アイアンのダウンブローの反対語となっています。

「右へ曲げるのがイヤだ」という気持ちがあると、ボールを左へ左へ置きたがるのはまぁ自然かもしれません。

でもアウトサイドインで打つスライサーは左に行くほどフェースの開きが大きくなりスライスの度合いが強くなることに気づきません。

少なくともボール一個は右に置いて打ってみましょう。

球筋の比較ができます。

aian-suraisu-genin1

スポンサーリンク

体の前傾姿勢にもスライスの原因が

ビデオでスライスが激しい初心者のスイングを確認しました。

人さまざまなのですべての方に共通する例ではないですが、下記は経験的に見てけっこうパーセンテージが多い例です。

それは背骨の傾き方が非常に不自然なケースがかなりあります。

前かがみの方は右の腕を伸ばすとテイクバックで余ってしまい、知らないうちにクラブが外(飛球線の右側)に出てしまいます。

結局ヘッドを前に突き出す格好になります。

また直立に近い姿勢の方は右肘が突っ張ってしまい、肩が回らないからクラブフェースが空を見てしまいます。

このまま下せばごく自然なカット打ちになります。

アイアンのリーディングエッジもスライスに関係が

aian-suraisu-genin2

本来のスイングできれいでスポットに当てる確率の高いショットは、多少の個人差があるにせよ、テイクバックから切り返し、ダウンスイングでリーディングエッジ(アイアンクラブの刃先)が体の前傾姿勢と同調する(角度を維持する)ということが大事です。

アメリカのPGAにはジム・ヒューリックという名選手がいます。

テイクバックは極端に外に引きます。

この解説ではこれではいけませんといっているスタイルなのですが、フューリックは子供の時からこの変則打法でもう修復はできません。

しかし、ダウンスイング(かなりインサイドから降りてくる)のスローを見ると、アイアンクラブのリーディングエッジがものの見事に体の前傾姿勢に合致しています。

スイングはトップまでは多少の個性が出ても、ダウンスイングローからフィニッシュでは揺るぎない形が望ましいという例です。

スポンサーリンク