ティーグラウンドでの素振りがボールにカスり池に一直線!あぁ、一瞬の出来事

朝イチのティーグラウンドです。

気合を入れて素振りしたら、ボールにカスって目の池にポチャン!

そんな~ぁぁぁ・・・・、ボールを打つ気はなかったのにぃぃぃ・・・

アッと驚く出来事に同伴者も一瞬ボーゼン!

でもこんな時「素振りだぁ!」と言い張っていいものか?

ゴルフの面白いところのひとつに、いつも想定したことばかり起こるとは限らないというものがあります。

プロの試合でも同じ、なにが起こるかわからない楽しさですね。

でも、実際にボールは池へ、そんなときど~する?

\ゴルフ上達法のおすすめ教材/

スポンサーリンク

素振りはどこまで行っても素振りだから「セーフ」

ゴルフの上達にとって”素振り”はとてもいいことです。

もしあなたが100切り寸前のゴルファーなら、ご自宅での「素振り」を強く推奨します。

それもチョースローモーションで毎日欠かさず素振りをすれば、必ず100が切れます。

さて、今回の解説はちょっと困った「素振り」の実例が飛び出しましたね。

ティーグラウンドで単なる素振りなのに、ボールがカスって飛んでしまったようです。

実際にはよくある光景ですが、この時のルール的な処置を、わかりやすく解説しましょう。

結論からいうと、素振りでボールに当たってもそれは1打とは数えません。

あなたに打つ意思がありましたか? これがポイント

ティーグラウンドでよくあるケースで、素振りの風圧か何かの影響でボールがティから落ちたとかいう例ですね。

すべての類似のケース(例えばワッグルしていたらヘッドが触れてボールがティから落ちたなど)は同じこと、すべてプレーヤーの心の中次第です。

素振りだという申告ならそのスイングは1打とはカウントせず、すべて無罰になります。

それが嘘か本当か、ゴルフの神様しかわかりません。

スポンサーリンク

タイガーもよくやる寸止めの術

タイガー・ウッズや松山英樹など一流のプロたちが、ティーショットを始めて何かが気になり、ダウンスイングの途中でスイングを止めたりします。

あれも同じ理由でストロークではないのです。

クラブヘッドがボールに衝突する前にダウンスイングを途中で止めたときは、ストロークを行ったことにはならないと決められているからです。

扱いはやはり素振りですね。

それにしても、スイングを途中で止める”寸止め”、なかなか簡単にできるものではありません。

これがストロークの定義なり!

では、簡潔にストロークの定義を書き出します。

ストローク(Stroke)は、日本語の名詞で一打とか、ひと打ちなどという意味を持ちます。

参考までに脳梗塞とか肌触りなどというものもあります。

「ボールを正しく、打つ意思を持ってクラブを(前方へ)振る動作のこと。ボールをかきよせたり、押し出したりする動作はストロークではない」

従って、バックスイングはストロークではありません。

トップからフィニッシュまでです。

ただし、空振りというのがありますね。

ストロークで、クラブのヘッドまたは一部にボールが当たらなくても、ボールより前方へとヘッドが動いていればストロークしたことになり、1ストロークがカウントされます。

これが「空振り」です。

「素振り」と「空振り」では大違い

このように解説してきてお分かりの通り、素振りでボールがティから落ちても無罰ですが、ボールがティから落ちなくても空振りなら1打とカウントします。

この辺のゴルフのルールは面白いところです。

そうなるとこのルールの核心は・・・?

そうです、プレーヤーの”心の中にある真実”ですね。

つまり、空振りも素振りといえば素振りになります。

ゴルフは紳士淑女の真実に基づく、品格あるゲームであることをもう一度書き留めておきましょう。

スポンサーリンク