ティーマークの色を間違えた!ティーグラウンドでよくあるミスとペナルティ

ティーグラウンドには見えない線があるんですよ。

打ってよいところ悪いところ、ティーマークをうっかり勘違いすると打ち直しになるルールがあるってホント?

ティーマークを間違ったままどんどん打ち続けても、2打罰止まりのルールがある?

最初のショットは必ず決められた場所から打つ決まりがあるティーグラウンドです。

一見すれば単なる地べたのようですが、実はミスする要素が潜んでいます。

ティーグラウンドでのルール、隠された様々な知識を知ることは間違いなく無駄なスコアを減らしてくれます。

要領よくルールを知り上手に使い分けましょう。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

正しいティーゾーンからスタンスがはみ出してショット!

ティーグラウンドでのルールの最初は、ページトップの図で示したように打ってよいとされる仮想線があります。

ティーマーク(形は決められていない)のフェアウエイ側の先端から左右もマークの外々のラインで、後方には2クラブレングス以内という規定があります。

もっと詳しい解説なら、(ティアップしようとしまいと)その仮想線に少しでもボールが触れていれば問題なし(図の白いボール)、ボール全体がはみ出している(図の赤いボール)と2打罰で打ち直しになります。

ティーインググラウンドでのルールではよく勘違いする方がいますが、ボールの位置さえルール通りなら、スタンスも体全体もゾーンの外で打つことに何ら問題がありません。

ティーグラウンドでのよくあるうっかり

ティーマークの色を確認しないで打ってしまった。

これ、非常によくありますね。

通常のプライベートのラウンドで、ひとつのティーグラウンドにいくつもティーマークがあるときなどしばしば起こる”勘違い”です。

ティマークは通常数種類あって色で分けてあります。

その日に何色を使用するかはスタートホールのティーグラウンドで決めますが、その色はスタート後からホールアウトまで変えることはできません。

例えば、白で始めたプレーヤーがうっかりして途中から青ティーでドライバーショットを打ってしまったなどがよく起こります。

これは2打のペナルティ(最初の打数は数えないで)で打ち直しです。

スポンサーリンク

何打打とうと2打罰というルールあり

一番最初に書いたとおり、ティーマークの種類ミスに気づないままに何打もショットを重ねてしまったときのケースです。

そのあとでいくら打とうがOBを打とうが、気づいた段階でティーグラウンドに戻り打ち直せばすべての過去ショットが消えて次は3打目になります。

最初のボールが正球とはならないからですね。

もし、全く気づかずにホールアウトしてしまい、次のホールでティーショットを打つ前に戻らないと競技失格となります。

気が変わってティーマーク内に置き直す

ティーマークの仮想線内にルール通りティーアップしたボールを、アドレス後に気が変わって別な場所に移動することは違反ではありません。

そのボールはまだインプレーになっていない(ゲーム開始前の)ボールとして移動が認められます。

いうまでもありませんが、初球の打ち出し前にスコアマーカーの了承を得てボールを変えることもティペグを取り替えることもクラブを変えることもできます。

ティーマークをよく見ないとうっかりミスに!

とてもよく見かけるミスとしては、ティーマークを片側しか見ないで正規の区域の逆サイドにティーアップするケースもあります。

またこういう時にかぎってナイスショットになるんですね。

次は3打目になるという実にもったいない話です。

また、あまりにもティーマークに近いところにティアップしたため、スイングしたらそのティーマーク自体にクラブヘッドが接触したケースも見ました。

これは罰にはなりませんが、危険が伴いますしクラブが可愛そうですから気をつけましょう。

松山英樹プロのティーマーク事件

PGAで松山英樹がティーショットの後、ちょっとミスだったのでコツンとそこにあったティーマークを叩いたらポロッとヘッドが取れてしまった事件がありました。

それは2014年のメモリアル・トーナメントで、ケビン・ナとのプレーオフを制して優勝しましたが、テレビで繰り返し映されたシーンで、彼にとってはアメリカのファンに「乱暴者」というマイナスイメージを抱かせてしまった苦い思い出になりました。

松山英樹、USPGA初優勝だっただけに余計なことをしたと後悔しているでしょう。

スポンサーリンク