修理地でドロップ位置を間違えてしまった

「他人に1番迷惑かけるプレーヤーは下手な人ではなく、自分の腕前の程を知らずにプレーする人である」

これはスコットランドに古くから伝わる諺です。けだし名言ですね。

初心者の方の多くは勘違いしています。

「たくさん叩いたからご迷惑をおかけしました」などという考え方は基本的に大勘違いしています。

ゴルフは上手い下手ではなく、自分なりに一生懸命だった人は誰一人迷惑をかけていないのですね。

何打打とうが、<ゴルフは楽しく真剣に>遊んだらそれだけで100点満点です。

しかし、全くルールもマナーも無頓着、ほとんど練習もしないままでは確かに迷惑が掛かります。

シッカリ学んでからデビューしましょう。

さて話は変わり、ゴルフコースはその美しい景観を保つために日々メンテナンスを行っています。

そもそも芝生は消耗品ですからね。

必ず張替の時期は来ます。

したがって修理地は常時各所にあります。

ゴルフコースの修理地(GUR=Ground under repair)は白線、もしくは青い色の杭で指定された場所です。

スコアカードなどに記されたローカルルールには、修理地を「異常なグラウンド状態」とされている場合もあります。

GURについては定義などありますので、別なページで解説します。

さて、今回はAさんがGURにボールを入れたボールについての疑問です。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

誤って修理地内にドロップしてしまった

Aさんはその指定された修理地で思いもかけない勘違いを犯しました。

無罰で救済を受けられるという点についてはまったく問題はなかったのですが、ボールのある位置から直接測って2クラブレングスだという思い違いで、なんと修理地内にドロップしてしまったのです。

修理地はコースによってプレーが禁止されているところとそうでないところがあります。

この点は最初にローカルルールなどでチェックしておく必要があります。

Aさんの入れた修理地はプレー禁止でした。

ゴルフ本来の規則ではあるがままにですが、規制があるとそれは叶いません。

さて、Aさんはこの後どんな処置をするべきでしょうか?

スポンサーリンク

打つ前なら無罰

簡単明瞭に回答しましょう。

Aさんが打つ前に気づくかキャディさんなどの指摘でニアレストポイントを決めてからプレーすれば何の問題もありません。

ルールブックには

「プレーが禁止されているコース上の箇所にドロップすることを禁止する規則はゴルフ規則にはない」

と書かれています。

禁止区域から打ってしまうと違反行為になるので誤所からのプレーの適用があり、2打罰になります。

アンプレアブルの後の修理地は?

このケースをルール的に解説すると、

「間違って取り替えられたり、ドロップやプレースされた球の拾い上げ」(規則20-6)

の規定に従う必要があります。

そこにはプレー前は無罰でピックアップできると明記されています。

また似たような実例には、アンプレヤブル宣言をされたボールを、いったんルールの範囲内である修理地にドロップしたあと、今度は新たな修理地の規則を適用するのはアリです。

一度に両方の救済は受けられませんが、順を追って処理することは可能です。

スポンサーリンク