サブグリーンにオンした際に注意するべきペナルティ【グリーンで知っておくべきルール】

sabukuri-nn-penaruthi-ru-ru2

日本という真夏や真冬の気候変動が激しいコースには、それぞれの季節に耐えられる芝生を使ってグリーンの育成をします。

いわゆる2グリーンと呼ばれるもので、この国独特のアイディアというか病むをえない処置というかわかりませんが、このシステムを取り入れているコースはまだたくさんあります。

少なくなったとはいえ2グリーンのゴルフコースでは、使用中のグリーンを本グリーン、芝を休ませているグリーンをサブグリーンという呼称を使っています。

さて、サブグリーンにオンしたボールの処置で解説しなければいけないことがあります。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

サブグリーンはアンダーリペア扱い

patthinngu-matome
サブグリーンは、世界共通の基本ルールブックではあるがままに打つという規定になっています。

したがってプロのトーナメントではそのようにしている姿を目にします。

しかし、通常は芝生の保護を目的にしているので、ここでショットをされて表面を掘られたりしてはコース側もたまりませんから、この部分をローカルルールで「修理地」扱いにしています。

どうでしょう、日本のコースの半分以上は禁止していませんか?

サブグリーン、つまり修理地扱いのコースでは「アンダーリペア」と呼ばれ、ルール上そこからのショットはできません。

最も近い場所でスイングできる場所からホールに近づかないでワンクラブレングス以内に無罰でドロップします。

Aさんのボールはサブグリーンにナイスオンしてしまいました。

いいショットでしたがガックリしているようです。

サブグリーンから出すときのニアレストポイント

さて、現場に行ってみるとボールはサブグリーンの奥側に乗っていました。

Aさんはルールを思い出し、マークしてピックアップし、ルール通りピンに近づかない場所を探しました。

するとそこから一番近いカラーは3ヤードほどなのですが、そこからはピンまでバンカー越えとなることに気づいたのです。

Aさんは「これはちょっとよろしい場所ではないかな?」と考えて、ルールではピンに近づかなければいいんだよねといいながら、20ヤードほどバックする形で反対方向にボールを運びアプローチショットをしました。

ピンに近づかないという条件は満たしているようですが???

スポンサーリンク

無視したニアレストポイント

結論からいうとこれは違反行為でペナルティの対象となります。

Aさんが忘れていたルールには

「ピンに近寄らないで一番ボールに近いニアレストポイントからワンクラブレングスにドロップする」

という条件があったからです。

このサブグリーンンからの救済ルールは、ニアレストポイント(救済が受けられる最も近い場所)がポイントになる規則なので、いくらピンに近づかなくてもニアレストポイントは一点しかないから、自由にピンから離れればよいというものではないのです。

sabukuri-nn-penaruthi-ru-ru1

サブグリーンはルール的に目的外のパッティンググリーンになり先ほども解説した通り修理地の扱いです。

罰はないのですが以下の点にも注意しなければなりません。

ドロップは当該のサブグリーンと、バンカーや池などのハザードや本グリーンを避けた位置に直接ドロップと規定されています。

Aさんのように近づかなければいいという判断はできません。

つけ加えるなら、サブグリーンのボールを拾い上げる時、マークをしない方がいますがこれは1打の罰になりますし、ボールを持ったままそこを離れて見ると、いったい元の位置はどこだったのか、ピンに近づいていないのかどうかの判断ができなくなりますからルール通りマークしましょう。

ru-ru-kaisei

スポンサーリンク