これだけはやっていけない救済のドロップ

Bさんのショットは、図のようなカートパスにありました。まま、これはよくあることです。

よくあることでなかったのがBさんの行動でした。

そしてさらに独自の救済ドロップの見解が展開されますが、これって筋は通っているのかな?

別なホールでAさんは安全ネットの近くにあるU字溝にボールを入れてしまいました。

こんな時はネットをスルーしてクラブレングスを測れますか?

そもそもクラブレングスの測り方は決まっているんでしょうか?

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

転がりのテストはイカンですね

今回もとても良い実例が二つ出ましたね。

ゴルフビギナーの方ならこういうことは十分考えられるので取り上げてみました。

この例など参考にすれば、類似のケースも類推することが可能になります。

最初にBさんはボールをドロップするとどこに転がるのか確かめようとして、バッグから別なボールを出してテスト・ドロップをしたのです。

もちろんそのボールでプレーしようとは考えていませんでした。

このボールの転がりを見る行為は、規則の目的と精神に著しく反する行為だったので違反と認められました。

ルール1-4(公正の理念)に従いマッチプレーならそのホールの負けとなり、ストロークプレーでは2打罰となります。

スポンサーリンク

クラブレングス計測の原則

Bさんはそれではということで、次の救済できるドロップの新手を考え出しました。

ドライバーを持ち出して1クラブレングスを水平に計測して一段低い平地のライの良い場所を選びドロップしました。

実はこれも違反行為になります。

クラブレングスを計測する場合、

「地面の自然の傾斜の中を通して計測することはできない」

という規則があることを知らなかったのでしょう。

あくまでもクラブレングスは地表面を基準にしなければいけません。

したがって、このように水平計測はできないことになっています。

ふたつの救済を知っているほうが得になります

さて、もう一つの例を見ましょう。

Aさんは後続組を先に打たせるときに、コース側が用意して設置してある幅2~3メートルの安全ネットの脇の側溝から、どこに救済のドロップをしたらいいのかを考えていました。

安全ネットは動かせない障害物です。

側溝からのニアレストポイントは図のポイントになりそうですが、今度は安全ネットが障害になります。

このケースはふたつの救済方法が考えられます。

もともとの動かせない障害物からの救済でスイング可能な地点という新たなニアレストポイントからの救済を受ける方法がひとつ。

クラブレングスを計測する基本的なルールに、

「プレーヤーは溝を直接横切ったり、フェンスや木、構築された壁の中を通して測ることもできる」

ということもあります。

Aさんはニアレストポイントから逆方向になりますが、もし1クラブレングス以内でにネットを越えるなら、図の左側に出すことも可能です。

次打のシュチュエーションとライなどを見極めて選ぶことができ、これもルールを知っていると多少でも有利な選択ができるひとつの例です。

※ふたつの救済を同時には受けられません。順に組み立てることは可能です。

スポンサーリンク