救済のうっかりドロップしていませんか?

ルールに基づいてボールをドロップしたら木の枝に止まってしまった!

これは大変、でも無罰でリドロップ(再ドロップ)できるんでしょ。

こんな実例もありました。

アンプレアブルを宣言したプレーヤーがボールをドロップしようとしたら、落とそうとするエリア内の低木が邪魔になったので、キャディさんに枝の先を引っ張ってドロップの障害にならないようにしてもらったケース。

これはアリですか?

ドロップのルールに従ってドロップしましたが、ボールが転がって近くに置いた距離計測器(ナビ)にあたりました。

これはそのままでいいのかな?

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

植木に乗っかったボールとラフにあるボールの違いは?

ゴルフコースはきれいに整備されていますが、フェアウエイを外れるといろんなものがあります。

特にコースの美観という面からも、植林や植木はメンテナンスの主役になります。

ペナルティがあるなしに関わらず、ボールをドロップするときに注意しなければならないのが生垣の近くや植木がある場所です。

基本的なことがひとつ、それは大きさに関わらず「木々」はすべてコースの一部だということです。

おかしな表現ですが、ドロップしたボールが植木に引っかかってしまったらラフにあるボールと同じだと思って大丈夫です。

つまり、処置としてはあるがままに打つか、アンプレアブルを宣言して1打払ってしかるべき対応をするかどちらかです。(写真)

アンプレアブルではなく無罰で再ドロップできるということはあり得ません。

植木の枝はルースインペディメントではありません

裁定集にもありますが、前述のようにボールをドロップしようとして、何本かのまばらな低木の枝をキャディさんに引っ張ってもらったケースがありました。

先ほども少し話題になりましたが、木の枝はコースの一部。

ということはボールをドロップするときに邪魔になる枝を誰かに引っ張ってもらうということは、深いラフにドロップする特に草をかき分けて見やすくしておくことと同じです。

さらに、このルールの厳しいところがあります。

枝は引っ張った時点で2打罰となり、打つ前に枝から手を放してもその罰からは逃れられないという点も記憶しましょう。

同じように、素振りして葉や枝を少しでも落としたら明らかなライの改善になり2打罰が課せられます。

スポンサーリンク

ドロップエリアをあらかじめ整備してもいいの?

さぁ、そう書いてくると賢明な皆さんはすでにお気づきでしょう。

ルールに基づいてボールのドロップをするときに、大事なルールは何かということです。

ボールをドロップする前に、その落とそうとするエリア内の事前整備のことですね。

例えば枯葉や小石、刈り取った芝草の枯れたもの、折れた小枝などはそっと移動させることが無罰でできます。

それらはルースインペディメントだからです。

注意すべきは、それらを移動するときにその行為のためにボールが動いたらペナルティがつくので気をつけなければいけません。(写真)

先ほど記した違反のように、成長している植木や灌木を意図的に手や腰などの体の一部で押し付けたりする行為は違反になります。

自分でやってもパートナー(マッチプレーなどの)、もしくはキャディさんでも同様に罰がつきます。

ドロップしたボールが携行品に当たった!

ラフなどにボールをドロップするときの注意点はほかにもあります。

よく見る光景は、ボールをドロップする前に枯葉などのルースインペディメントをシューズで除外しようとする人がいます。

それ自体に問題はありませんが、ドロップするエリア内を踏みつける行為があるとやはりライを改善したという判断で2打のペナルティになります。

ボールをドロップする前でも、落とした後でも、ライを改善してはいけません。

またドロップしたボールが、距離計測器に限らずボール拭きやそれに類する携行品に当たったときは、無罰でリドロップ(再ドロップ)することができ、これは何回繰り返してもペナルティはありません。(写真)

スポンサーリンク