カートパスのニアレストポイントに間違い多し

「どう見てもこっちが近いでしょ」

「本当はこの辺が打ちやすいんだけれど・・・」

「ニアレストポイントって何か所あるのかな?」

カートパスはカート道路のことです。

ここにボールが止まってしまいました。

さて、どうするのが正解なのでしょう?

ニアレストポイント(NP=基点)の決め方の問題ですね。

まだラウンドの回数が少ない方はこのカートパス上に止まったボールの処置について、正しく理解していない傾向があります。

この際、「ニアレストポイント」についてすこし知っておいたほうがいいでしょう。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

「ニアレストポイント」がふっと頭に浮かぶ

Aさんのドライバーショットは左旋回、機首は大きくそれて左手のOBライン方向に飛んで行きましたよ。

でも暫定球を打つほどではなさそうです。

なんとか残っているでしょう。

「ふ~ぅ、助かった」といいつつ現場に到着。

ボールがあった場所は写真のようにカートパスの上でした。

そこでAさんの口から出た言葉が冒頭に並んだわけです。

Aさんは実際のボールを見てビックリ、あと10ヤードほどでOBでした。

「カート道路で大きく弾めばOBだったね~、ツイていたと考えたほうが良いのかな?」

と前向きな考え方です。

Aさんの頭に「ニアレストポイント」の言葉が浮かびました。

ニアレストポイントは考えない場合

Aさんの思考回路を順番に並べましょう。

カートパスはルールでいうと”動かせない障害物”です。

まず、①あるがままで打つ、つまり救済は一切考えない。

または、②救済を受ける、という2点の選択です。

この場合罰はありません。

①を選択したくても、ゴルフコースによってはカートパスにセンサーなどが埋め込んであって、ローカルルールで必ず外に出すように決められているときはあるがままでは打てません、NGとなります。

この時は救済処置を適用するしかありません。

もしそのまま打てるルールでも舗装してあるとクラブがすこし傷つくかも知れませんが、ルール上救済を受けるのは義務ではありません。

スポンサーリンク

ニアレストポイントとドロップ

では②を選択したときのルールを解説しましょう。

必要なのはニアレストポイント(基点=図を参照)の知識のみです。

ボールのある位置から障害を避けて、打つ(ストロークする)ことが可能な最も近い地点(基点)。

※この時、スタンスが救済を受けた障害エリアにかかったら違反です。もちろん、処置の後で打つときも同じです。

ニアレストポイントは一か所だけ、厳密に言えば一点です。希望する都合の良い場所ではありません。

ここで出てきた「障害」の例を挙げると、カートパス、カジュアルウオーター、GUR=修理地、異常なグラウンド状態などをいいます。

大事なことは打てる場所の意味がスイングできる場所とは違います。

生垣があろうと木が生えていようと強い傾斜があろうと崖であろうと、OB区域やハザードグリーン以外少しでもスペースがあればその地点が基点になります。

ドロップするエリアは1クラブレングス以内

ストローク可能な地点は、実際に仮のスタンスをとってみないとわかりません。

図を見てわかるように、カートパスの幅とボールのある位置だけでは判断できないことがほとんどです。

ラウンドする方の中にはこの選択の誤解が比較的目立ちます。

また、ボールをピックアップするときは必ずマークししましょう。

ニアレストポイントが決まったら、その基点から1クラブレングス以内にドロップします。

この時の注意は、もともとのボールがある地点からホールに近づいてはいけないということだけです。

ニアレストポイントとドロップは、状況によってややこしい場合がたくさんでてきます。

それは次のページでわかりやすく解説します。

スポンサーリンク